日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 小池都知事「東京五輪中止」発表か

小池百合子都知事、再選後の“小池劇場”第一幕は「東京五輪中止」発表か

文=日刊サイゾー

小池百合子都知事

 5月18日、自民党東京都連が東京都知事選(6月18日公示、7月5日投開票)への候補者擁立を正式に断念したことで、再選がほぼ確定となった小池百合子都知事。実は、小池氏は立候補するともしないとも語っていない。

「これまでも、知事選に関することを聞かれると『都政に集中したい』、18日の件についても『コロナ対策に集中したい』と煙に巻いてきました。最近は、防災用ジャンパーを着て記者会見にのぞんでおり、3・11直後、石原慎太郎都知事がジャンパーを着て出馬会見を行ったこととかぶります。出馬表明は、5月27日から始まる定例会最終日、6月10日まで引っ張る可能性が高いでしょう」(都庁担当記者)

 4年前の知事選では自民党都連を「ブラックボックス」、五輪の経費高騰を「1兆(丁)、2兆ってお豆腐屋さんじゃないんだから」、築地市場の移転を「一旦立ち止まる」とバッサリと切り込み、勝利を手にした小池氏だが、今回は危ない橋を渡る必要はない。

「コロナ対策のため、『密』となる演説会は開くことができないので、実質、選挙運動は不可能。一方、現職の強みで、コロナ対策を打ち出すとメディアも取り上げざるをえず、それこそが最高の選挙運動となります」(同前)

 これまでのコロナ対策での大判振る舞いが、実質、「公約」を打ち出しているといえる。19日には、5832億円もの補正予算案を発表。都立病院職員への特殊勤務手当、足元の都内の自治体への交付金、中小企業融資といった目の行き届きすぎる「都民ファースト」を実現しているのだ。コロナ対策トータルで実に1兆円規模に及んだ。

 だがここで、すっかり抜け落ちているカネがある。東京五輪延期による追加負担金だ。

 延期による追加費用は3,000億円にのぼると見られるが、IOC(国際オリンピック委員会)が負担するのはわずか700億円程度。残りは日本側が出さねばならない。

「『開催都市契約』では大会組織委員会と開催都市で払うこととなっていますが、組織委の予備費は270億円。つまり2,000億円ほど東京都が負担する必要がある。これまで都は、『貯金箱』である9,000億円超の『財政調整基金』があったが、コロナ対策で使い切ってしまった」(同前)

 無い袖は振れないというわけだが、ではどうするか。ズバリ、五輪中止である。

 4年前の『小池劇場』で小池氏は、IOCに盾突いて五輪会場見直しを進めた。IOCはその”仕返し”のごとく2019年10月、マラソン・競歩会場を札幌に移転させるという強硬手段に及んだ。

「煮え湯を飲まされた小池氏のリベンジというわけです。そもそも開催を切望しているのは、IOC、テレビ、広告代理店といった『五輪マネー』にむらがる人たちで、日本国民としての熱も冷めてきた。再選でフリーハンドを得た小池氏は『都民ファースト』を標ぼうして五輪中止をぶち上げ、『女性初の総理』を視野に入れてくる可能性があります」(同)

 ただコロナ対策を一歩間違えると、支持墜落もありえるとあって、小池氏は当分安全運転を続けることとなりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/21 12:12

小池百合子都知事、再選後の“小池劇場”第一幕は「東京五輪中止」発表かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

トウガラシ名産地の珍なる町おこし

 韓国の町おこしが熱い。以前この連載でも、特...…
写真
インタビュー

若手コント師、かが屋の真実

お笑い第7世代と呼ばれる芸人の中で、最も「新しい」と呼ばれる2人、マセキ芸能社所属・...
写真