日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 渡部、火消しのカギ握る児嶋

アンジャッシュ渡部建、“ゲス不倫”火消しのカギ握る相方・児嶋一哉の腕前

文=日刊サイゾー

アンジャッシュ

 一般人女性との不倫ぶりを週刊誌によって大暴露され芸能活動が止まっているお笑いコンビ・アンジャッシュ渡部健。未だに本人が直接公の場に出て謝罪会見は開いていない。

 六本木ヒルズの商業施設内のトイレでの「1万円不倫」など、衝撃的な文字が並んではや半月。ローカルテレビ局での冠番組やFMラジオ番組などは「相方・児嶋一哉が今のところ代役を務めている」が、レギュラー出演していたテレビ番組はそのまま休演している状況が続いている。「妻で女優の佐々木希も謝罪するなど、思ったより騒動は大きくなった。その分、渡部の生謝罪会見なり、声明発表は非常に重要になると思う」と芸能関係者は指摘する。

 ただ、いくら弁の立つ渡部が1人で出たとしても、その先は決して明るくはない。

「会見なら大挙して女性芸能リポーターからの厳しい追及は避けられない。かといって、現時点で出したのはコメントだけでこれでは今後、芸能活動復帰の道は厳しくなる」(同)

 そうなった場合、やはり火消しのカギを握るのは相方・児嶋一哉になるだろう。

「会見を開くにせよ、ラジオ番組で生謝罪をするにせよ、相方の児嶋が隣にいる、いないでは大違い。これまで、渡部が売れすぎて注意できなかったとか、立場的に児嶋が弱いとか言っても結局、一番の味方であり、叱責できるのは相方しかいませんから。ただ、先日失言でラジオ番組で生謝罪したナインティナインの岡村隆史の相方、矢部浩之のように理路整然と諭しながら叱ることができるか。児島が役者としての迫力を最大限に生かせば、その腕前はもっと上がると思うのですが……」(お笑い関係者)

 矢部のようにてきぱきと岡村を謝らせたような流れではないにせよ、渡部が生きるも死ぬもやはり児嶋の腕にかかっていることだけは間違いなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/21 22:00

アンジャッシュ渡部建、“ゲス不倫”火消しのカギ握る相方・児嶋一哉の腕前のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

M-1予選で注目浴びた赤もみじ

 コントのザ・マミィ、漫才の納言。今、波に乗る2組に注目芸人をたずねたところ、くしく...
写真