日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 設楽がアンジャ児嶋呼ばないワケ

「心を鬼にする!」バナナマン設楽がアンジャ児嶋を番組に呼ばないと決めたワケ

文=日刊サイゾー

ホリプロコム オフィシャルウェブサイトより

 巻き添えを食らって芸人生命が終了?

 アンジャッシュ・渡部建に複数の女性との不倫が発覚したことで、芸能活動を自粛。レギュラー出演していた6月12日のラジオ番組に相方の児嶋一哉が代役出演した。

 児嶋は冒頭で「ウチの相方が不倫をしまして。それが笑えない、タチが悪い、相方から見ても気持ちの悪い不倫で世間をお騒がせしまして、あいつは自粛になりました」と謝罪。公私ともに順風で“天狗”になった渡部を注意できなかったとことを猛省した。

「児嶋は渡部のほうが売れていることに引け目を感じ、この10年ほどは意見を言えないでいたそうです。自身へ多くの応援メッセージが届いたことを思い出すと、その後は涙で声が詰まる場面も見られ、ネット上では『人柄の良さが伝わる』『頑張って欲しい』『もらい泣きしてしまった』との声が飛び交いました」(芸能ライター)

 そんな児嶋の芸人生命を心配したのがバナナマン・設楽統だ。

「同日に出演したラジオ番組では、児嶋が泣いていたことに驚きつつ、エールを送っていました。しかし、設楽は『頑張って』と世間から応援されている状態は、逆に児嶋の良さが消えることになると指摘。番組に呼んでイジっても、泣いてしまったり、感謝されたりすることで『全部スベる気がする』と予想していました。確かに、児嶋は芸人たちからイジられて、『なんでだよ!』と突っかかるのが持ち味。名前を間違える恒例のネタを封印されると、『唇がプルプル震えているただいる人』になってしまうため、『今は心を鬼にして無視』と、自身の番組ではオファーをかけないことを宣言していました」(前出・芸能ライター)

 しばらくは渡部の代役出演も多くなりそうな児嶋。世間が応援すればするほど、児嶋のバラエティ出演は減っていくことになるのか⁉

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/15 10:30

「心を鬼にする!」バナナマン設楽がアンジャ児嶋を番組に呼ばないと決めたワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真