日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 設楽がアンジャ児嶋呼ばないワケ

「心を鬼にする!」バナナマン設楽がアンジャ児嶋を番組に呼ばないと決めたワケ

文=日刊サイゾー

ホリプロコム オフィシャルウェブサイトより

 巻き添えを食らって芸人生命が終了?

 アンジャッシュ・渡部建に複数の女性との不倫が発覚したことで、芸能活動を自粛。レギュラー出演していた6月12日のラジオ番組に相方の児嶋一哉が代役出演した。

 児嶋は冒頭で「ウチの相方が不倫をしまして。それが笑えない、タチが悪い、相方から見ても気持ちの悪い不倫で世間をお騒がせしまして、あいつは自粛になりました」と謝罪。公私ともに順風で“天狗”になった渡部を注意できなかったとことを猛省した。

「児嶋は渡部のほうが売れていることに引け目を感じ、この10年ほどは意見を言えないでいたそうです。自身へ多くの応援メッセージが届いたことを思い出すと、その後は涙で声が詰まる場面も見られ、ネット上では『人柄の良さが伝わる』『頑張って欲しい』『もらい泣きしてしまった』との声が飛び交いました」(芸能ライター)

 そんな児嶋の芸人生命を心配したのがバナナマン・設楽統だ。

「同日に出演したラジオ番組では、児嶋が泣いていたことに驚きつつ、エールを送っていました。しかし、設楽は『頑張って』と世間から応援されている状態は、逆に児嶋の良さが消えることになると指摘。番組に呼んでイジっても、泣いてしまったり、感謝されたりすることで『全部スベる気がする』と予想していました。確かに、児嶋は芸人たちからイジられて、『なんでだよ!』と突っかかるのが持ち味。名前を間違える恒例のネタを封印されると、『唇がプルプル震えているただいる人』になってしまうため、『今は心を鬼にして無視』と、自身の番組ではオファーをかけないことを宣言していました」(前出・芸能ライター)

 しばらくは渡部の代役出演も多くなりそうな児嶋。世間が応援すればするほど、児嶋のバラエティ出演は減っていくことになるのか⁉

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/15 10:30

「心を鬼にする!」バナナマン設楽がアンジャ児嶋を番組に呼ばないと決めたワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

東出昌大が怪優と化した映画『天上の花』

 太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。 ...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真