日刊サイゾー トップ > カルチャー > マンガ  > キン肉マンⅡ世が黒歴史なワケ

キン肉マン連載再開で黒歴史に脚光『キン肉マンⅡ世』がイマイチだったワケ

文=日刊サイゾー

「キン肉マンII世」(集英社)

 ところで、あの作品はどうなった?

 4月20日より新型コロナウイルスの影響で休載していた人気漫画『キン肉マン』が、6月29日より連載が再開されることが「週刊プレイボーイ」(集英社)の公式サイト「週プレNEWS」で発表された。

 作者のゆでたまご先生は、同サイトにて「漫画というものは、描かないとどんどん忘れられてしまうのが世の常です」と休載することによる危機感を明かし、ますます漫画家として精進していきたいと思っております」と意気込みを見せている。

 そんななか、ネット上ではあの黒歴史作品についてのコメントが続出しているという。

「『キン肉マン』は1979年から87年にかけて『週刊少年ジャンプ』(同)で連載。そして、11年から『週プレNEWS』で再復活シリーズがスタートしています。その空白期である98年から『週刊プレイボーイ』で連載されていたのが、キン肉マンの息子であるキン肉万太郎を主人公にした続編マンガ『キン肉マンII世』。しかし人気が得られず、連載の途中で作者が『この作品は前作を超えるものにはならない』との思いを抱くようになるなど黒歴史になっています。その後、II世シリーズは終了となり、『キン肉マン』新編を再開することになっています」(芸能ライター)

『Ⅱ世』が人気を取れなかったことについて、サブカル誌ライターはこう語る。

「やはり『キン肉マン』が連載されていたのは、 黄金期の『週刊少年ジャンプ』ですから 他のライバル漫画に負けないように生き残りを懸けて編集も挑みますし 優秀な人がそろっていた。一方、『Ⅱ世』が掲載されていたのは漫画が専門ではない『週プレ』。編集者も前作を読み込んでいなかったのか、つじつまの合わない点が大ありでツッコミどころ満載、もはやファンの間で『Ⅱ世』は“パラレルワールド”、もしくは“虚章”扱いとなっています」

 コロナ前には、再ブームに沸いていた『キン肉マン』。ゆでたまご先生には、『Ⅱ世』の分まで完全燃焼してほしいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/27 08:15

キン肉マン連載再開で黒歴史に脚光『キン肉マンⅡ世』がイマイチだったワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

堤真一演じる”平岡円四郎、実はコミュ障

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

流通アナリスト解説マスク生産

 緊急事態宣言を5月中まで延長する方針が、安倍首相の会見で発表された。もう1カ月の外...
写真