日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 欅坂46菅井友香にエール殺到

欅坂46・菅井友香、「キャプテンに向いてない」あの人から言われ放題でエール殺到

文=日刊サイゾー

欅坂46公式サイトより

 頭ではわかっていたとしても、はっきり言われると内心はショックだっただろう。

 6月26日放送のラジオ番組にて、欅坂46のキャプテンを務める菅井友香が占い師のゲッターズ飯田から性格を診断されたのだが……。

「ゲッターズは菅井についてモノづくりに才能があると指摘し、芸術や企画系の仕事が向いているとアドバイスしました。その一方で、人を引っ張るのが面倒くさいタイプであることから『キャプテンにはまったく向いていないですよ』と一刀両断。その後も『向いていない』を何度も連呼し、『ファンも(向いていないのを)わかっていると思います』と、言われ放題でした。菅井もそれを認めて終始、笑顔で話を聞いていましたが、占いとはいえ、これまで自分なりに頑張ってきただけに、かなり落ち込んだのではないでしょうか」(アイドル誌ライター)

 不動のセンターだった平手友梨奈は、一人一人が責任を持たなくなるとの理由ゆえ、欅坂にはキャプテンは不要だとラジオで語っていたこともある。

「実際、卒業したメンバーは人間関係やアイドル業に対する悩みが原因の場合が多いことから、菅井のキャプテン力に疑問を持つファンもいたことは事実。組織的な観点からも、運営に物申せる唯一の存在としての役割を担っているはずが、その形跡が見られないこともイライラに繋がっていた。もっとも、アイドルグループのキャプテンは、本人も人気を維持しないとやっていけないため、菅井も自分のことで精一杯という面もあったと思います」(前出・アイドル誌ライター)

 ともあれ、ネット上では「ゆっかーはよくやってるよ」「ゆっかーがキャプテンだったから今の大好きな欅坂がある」「向いてなくても誰もがゆっかーのことを尊敬している」「キャプテン向いてなくてもこれからも頼むで」といったエールが噴出している。

 菅井にはこれからも肩肘張らずに、伸び伸びとやってもらいたいというのが、ファンの総意のようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/29 06:00

欅坂46・菅井友香、「キャプテンに向いてない」あの人から言われ放題でエール殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

人種差別横行のハリウッドに変化

 ロブ・シュナイダーのスタンダップコメディ・...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真