日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 長沢菜々香、恋人宅で貢がせ配信

飯田圭織の惨劇再び!? 元欅坂46・長沢菜々香「彼氏の家から貢がせ配信」が物議

文=日刊サイゾー

欅坂46公式サイトより

 ファンからとことん搾り取るつもりだった?

 6月6日、「文春オンライン」が、元欅坂46・長沢菜々香の熱愛スキャンダルを報じた。長沢は現在、IT社長と半同棲生活を送っているという。

「記事によると長沢は、婚活サイトを運営する元バンドマンと欅坂46時代から交際しており、現在、彼の自宅で半同棲状態にあるとのこと。すると同日、長沢が自身のインスタグラムで『私ごとで恐縮ではございますが、週刊誌より報道がありました通り 私、長沢菜々香は一般男性と結婚を前提にお付き合いさせて頂いております。彼とは以前より知り合いではありましたが卒業後に交際を始め、婚約させて頂いており8月には入籍する予定です』と、結婚を発表しました」(芸能記者)

 そんな長沢は3月いっぱいで欅坂46を卒業したが、それから1カ月経たずしてSNSアカウントを開設。その後は有料ファンクラブサイトの開設や、YouTube生配信を行っていた。しかし今回の報道を受け、YouTube配信の投げ銭システムに対し、様々な声があがっているという。

「長沢は、YouTube生配信のスーパーチャットという投げ銭システムを解放しており、月に100万円近く稼いでいたと言われています。そんな中、恋人の家から長沢がYouTube配信を行っていたと報じられたことで、一部ファンからは『月末に入金された給付金のほとんどを投げ銭したのに、こんな仕打ちを受けるなんて……』『ファンクラブ開設から投げ銭配信など展開が早すぎると思ったら、IT社長の入れ知恵なのかな』『結婚は別に構わない。ただ婚約を隠して投げ銭配信をしてたのが残念』とショックの声が相次いでいます」(前出・芸能記者)

 アイドルの突然の結婚発表といえば、これまでも物議を醸したケースがあった。

「当時、NMB48にいた須藤凜々花は2017年のAKB選抜総選挙で20位にランクインした際に、スピーチの中で『結婚します』と爆弾宣言。OGの大島優子はインスタで“F〇CK”と書かれた帽子をかぶり、『何考えてんのかしら。何でもアリなんですね』と苦言を呈しました。また、07年の元モーニング娘。飯田圭織『バスツアー事件』は今や伝説です。飯田ファンが参加した19,000円のツアー前日に、飯田がデキ婚を発表。車内では『ご報告』もあったそうで、まるで通夜のような空気に包まれたいたといいます」(アイドル誌編集者)

 はたして長沢に、ご祝儀の投げ銭は飛ぶだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/09 00:00

飯田圭織の惨劇再び!? 元欅坂46・長沢菜々香「彼氏の家から貢がせ配信」が物議のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

注目のバディムービー2本レビュー

 ひとりでは事件は何も起きないが、価値観...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるwithコロナ時代の防災

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍し、現在はアパレルブランド「ARIST...
写真