日刊サイゾー トップ > 社会  > 歌舞伎町ぼったくり事件の背景

120万円ぼったくり事件の背景にもコロナの影? 歌舞伎町案内人・李小牧氏「このままでは歌舞伎町は再び危険な街に……」

文=李小牧(り・こまき)

イメージ画像(写真ACより)

 新宿・歌舞伎町のホストクラブで、20代の女性に一晩の飲食代120万円を請求したとして、元ホストで風俗店従業員の男が都ぼったくり防止条例違反の疑いで逮捕された。男はマッチングアプリで知り合った女性に「利用料は1人5,000円」と伝えて当時働いていたホストクラブに入店させ、クレジットカードで100万円を決済させた上、店外のATMで20万円を引き出させて巻き上げたという。女性は泥酔しており、翌朝、領収書を見て被害に気づいたようだ。

 しかし、「こうした例は氷山の一角」と話すのは、歌舞伎町案内人として知られる作家の李小牧氏だ。

「4月に私が警告した事態(参照記事)が現実になってしまいました。6月初旬には、歌舞伎町で暴力団とスカウト業者の間でトラブルが発生し、組員たちが“スカウト狩り”を行うという信じられない事件が発生しました。事件の背景にはスカウト同士の縄張り争いによる衝突があり、さらにこれに暴力団も加わり、流血騒ぎとなったのです。新型コロナの影響で、歌舞伎町を訪れる人は激減しました。その結果、風俗店のスカウトたちの間で、女性の奪い合いが激化し、縄張り争いとして表面化したのです。こうしたニュースが報じられれば、歌舞伎町に恐怖感を持つ人も増え、ますます人の数は減っていきます」

 そうした李氏の懸念をよそに、歌舞伎町ではぼったくり組織の侵食が広がり始めている。

「歌舞伎町では以前からぼったくりキャバクラ店の存在が知られてきましたが、そうした店はごくわずかでした。しかし、新型コロナの影響で、ここ最近はまともに営業ができず、やむを得ず、店を売りに出す飲食店が急増しています。そうした店をぼったくり組織が買い叩き、居抜きで営業を始めるんです。いま、世間では新型コロナ感染の第2波到来が心配されていますが、それはぼったくり組織も同じ。第2波到来前の今のうちに、できるだけ稼ごうと、手荒な手段に打って出る店もあるんです」

 新型コロナは、歌舞伎町を再び危険な街へと変えてしまうのだろうか……?

「今ならまだ間に合う。こうした事態を防ぐためには行政や警察による直接的な取り締まりも必要ですが、それよりもまず必要なのは、既存の優良店を守る政策が不可欠です」

 とはいえ、7月5日に投開票が行われる都知事選でも、歓楽街の再生については争点となる様子もない。親に見放された子が非行に走るように、安心して遊べる歌舞伎町は過去のものとなってしまうのか……。

李小牧(り・こまき)

李小牧(り・こまき)

1960年中国湖南省長沙市生まれ。88年に私費留学生として来日し、東京モード学園に通いながら「歌舞伎町案内人」として活動を開始。2002年『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーに。15年に日本国籍を取得し、同年と19年の新宿区議会選に出馬するも落選。政界への挑戦は、ドキュメンタリー映画『選挙に出たい』として公開。

Twitter:@leekomaki

最終更新:2020/07/01 15:00

120万円ぼったくり事件の背景にもコロナの影? 歌舞伎町案内人・李小牧氏「このままでは歌舞伎町は再び危険な街に……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真