日刊サイゾー トップ > 社会 > 政治・経済  > 小池都知事狙う歌舞伎町浄化作戦

「五輪開催都市の知事」目指す小池百合子、第2の“歌舞伎町浄化作戦”を発動か

文=日刊サイゾー

小池百合子都知事

 東京都の小池百合子知事が、都知事選への出馬を正式に表明。「東京アラート」「ロックダウン」「オーバーシュート」「ステイホーム」など、数々の印象的な単語を生んだ彼女だが、次は「歌舞伎町」がキーワードに浮上しそうだ。

 全国的に見ればコロナ騒動が沈静化に向かう中、唯一“蚊帳の外”なのが東京都だ。大多数の県で感染者数がゼロになるのとは対照的に、都内の感染者数は連日のように2ケタ。東京アラートが解除された直後の14日、15日には感染者が2日続けて40人を超え、完全に足を引っ張っている。これに一番神経質になっているのは、誰あろう小池都知事だ。週刊誌の政治記者はいう。

「小池氏の悲願は、都知事として東京五輪を迎えることです。今回の都知事選について、小池氏は政党の推薦を断るなど強気一辺倒ですが、“万が一”があるとすればコロナ対応でしょう。東京独自の東京アラートを発令して、万全の態勢をアピールしましたが、解除後にむしろ感染者数が増えたため、都議や都の幹部からも『拙速だった』との声が続出。東京アラートの判断基準さえ疑問視され始めています」

 都知事選には小池氏のほか、山本太郎・れいわ新選組代表、元・日弁連会長の宇都宮健児氏、「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏などが立候補を表明しているが、コロナ騒動で通常の選挙戦は行えず、現職の小池氏は圧倒的に有利だ。そんな小池氏にとって唯一のウィークポイントがコロナ。そこで目を付けられそうなのが歌舞伎町だ。歌舞伎町に詳しいフリーライターはいう。

「クラスターが発生し、都庁からも近い歌舞伎町は、まさに小池氏にとって“目の上のたんこぶ”。小池氏は歌舞伎町を名指し、都の職員が『夜回り隊』と称して、練り歩いていましたが、結果的に効果は無かったわけで、メンツは丸つぶれです。

 歌舞伎町は2000年代初頭、石原慎太郎都知事(当時)が浄化作戦を展開しましたが、ここを締め付けても、都民からの反発は少ないですし、コロナという大義名分のもとで粛々と締付け作戦を実行し、悪質業者を排除できればまさに一石二鳥です。歌舞伎町界隈は訪日外国人にも人気ですから、五輪開催の為にも一帯の安全確保は絶対条件。反発を抑える為に、歌舞伎町がスケープゴートになる可能性は十分にあるでしょう」

 都民ファーストのため、歌舞伎町をロックダウンしてオーバーシュートを回避するロードマップを提示して、新たなレガシーを生むことができるか……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/18 12:05

「五輪開催都市の知事」目指す小池百合子、第2の“歌舞伎町浄化作戦”を発動かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

志らく「選挙に行かない若者」を突き放す

 7月5日、日曜日は東京都知事選挙。選挙が近...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真