日刊サイゾー トップ > 社会  > コロナショックにあえぐ風俗嬢

歌舞伎町案内人・李小牧が、コロナショックにあえぐ風俗嬢にインタビュー

文=李小牧(り・こまき)

店の待機室でリモートインタビューに応えてくれたエリさん

 東京都は2日、都内で新たに34人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されるなど感染状況の悪化の兆候が見られるとして、都民に警戒を呼び掛ける「東京アラート 」を発動した。夜の繁華街などへの外出自粛を呼び掛けたが、そこで働く人々への配慮や補償などについては言及していない。

 コロナ禍で、とかく「濃厚接触」となりやすい風俗店では客足が途絶えているが、それでも生活の糧を得なければならない風俗嬢たちの多くは、感染への恐怖心を抱えながらも、店の待機室に身を置き続けている。

 そのひとり、都内のソープランド店で働くエリさん(21)に、私、歌舞伎町案内人・李小牧がリモートインタビューを試みた。

***

 エリさん、よろしくお願いします。早速ですが、今回の新型コロナウイルスの影響で、エリさん自身にどんな変化がありましたか?

エリさん 2年ほど前から、今のソープ店に週4回出勤しています。コロナの影響で、2月くらいから客足は減り始めました。3月末に外出自粛要請 が発表されて、それと同時にキャバクラや風俗店での集団感染のニュースが報じられてからは、指名してくれていた常連さんもほとんど来なくなってしまいました。正直、私自身、コロナに感染する恐怖心がないわけではないんですが、3歳になる子どももいますし、実家の両親も私の仕送りに頼っている状況なので、店を休むわけにはいかないんです。ただ、一日店にいても、お客さんは2人つくかどうかというレベルです。

 具体的に、どのくらい給料は減りましたか?

「感染症リスクよりも将来が不安」だという

エリさん 以前は、会社員の平均給与の2倍くらいは稼いでいたと思います。買い物や旅行も人並みにできるくらい余裕がありました。それが、コロナの影響で、収入は8割以上減ってしまいました。今は、家賃と食費を賄うのがやっとという感じですね。うちのお店は女の子が30人くらいいるんですが、トップの女の子であっても、常連さんがなかなか戻ってきてくれなくて厳しい状況だと聞きました。

 生活も厳しくなっている状況で、今後はどのように生活を立て直していく予定ですか?

エリさん まず、両親への仕送りは難しくなると思います。今後は別のアルバイトをすることなども考えていますが、なかなか風俗と両立してできる時間帯のものは見つからなくて……。今は貯金を切り崩して生活していますが、あと3カ月この状況が続けば、貯金も底を尽きます。持続化給付金など、公的機関による給付金や補償金などもひと通り調べましたが、給与所得者として働いている私には 、対象となるものがありませんでした。

 政府に、何か言いたいことやお願いしたいことはありますか?

エリさん 風俗嬢が金銭的な支援が受けられないのは、私たちの仕事に対して世間で持たれているイメージから、仕方ないところもあると思います。だったらせめて、風俗以外の仕事に就くための就業支援や職業訓練を充実させてほしい。私は、昔から介護士になるのが夢なのですが、例えば介護資格を取るための無料講座が、夜の仕事 をしながら通える時間にあればいいなと思います。資格取得の無料講座はハローワークなどでやっていると思いますが、昼の時間帯ですし、そもそも失業しているときじゃないと受けられないので……。

***

 臨時休校の影響で仕事を休んだ保護者への休業補償制度が、当初は風俗業を対象外にしていたことからもわかるように、夜の世界が受けたコロナショックに対しては、自己責任論がまかり通っている。しかし、そこに身を置く人々の多くは、自分や家族のため、合法的に働く一人の生活者であり、納税者だ。税金を使った公的支援に、職業差別があっていいものだろうか?

李小牧(り・こまき)

李小牧(り・こまき)

1960年中国湖南省長沙市生まれ。88年に私費留学生として来日し、東京モード学園に通いながら「歌舞伎町案内人」として活動を開始。2002年『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーに。15年に日本国籍を取得し、同年と19年の新宿区議会選に出馬するも落選。政界への挑戦は、ドキュメンタリー映画『選挙に出たい』として公開。

Twitter:@leekomaki

最終更新:2020/06/05 14:00

歌舞伎町案内人・李小牧が、コロナショックにあえぐ風俗嬢にインタビューのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

瓜田純士、ネットリンチに物申す

 恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーの木村花さんが急...
写真