日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Snow Man 岩本、謹慎明けてCM仕事戻るか?

Snow Man 岩本照、活動再開でタッキー肝入りのCMと“MAX松浦プロデュース”が動き出す?

文=日刊サイゾー

Snow Man「D.D.」

 3月に未成年女性との飲酒疑惑を報じられ、ペナルティーとして芸能活動を自粛していたSnow Manの岩本照が、7月1日復帰を発表した。岩本はジャニーズ公式ホームページで、復帰に向けての挨拶を掲載し「今後、二度と同じ過ちを犯さないよう精進致します」と誓った。

 3月27日発売の「FRIDAY」でスキャンダルをすっぱ抜かれてから、29日には活動自粛を発表した迅速な対応、さらにはその重い処分にも注目が集まったが、事情を知るレコード会社関係者は「最初から3カ月程度の想定だった」と明かす。

「夏に予定していた舞台『滝沢歌舞伎 ZERO』を岩本抜きでやるということは最初から考えられなかったので、この稽古が始まるまでには禊を済まそうという話がされていたようですよ。結局コロナの影響で舞台は中止になりましたが、映画化するのでそれに向けた稽古に岩本も今月から加わるようです。また、Snow Manはエイベックスの松浦勝人氏プロデュースで曲を出すという噂があります。これもすでに春頃から動き出してるようなので、今年中には発表になるのではないでしょうか」

 今後は『滝沢歌舞伎』やCDリリースなど、プロデューサー・滝沢秀明肝入りの仕事は滞りなく進んでいきそうだが、一方で頓挫しかかったCM仕事があると語るのは広告代理店関係者だ。それは、Snow ManのライバルでもあるSixTONESが出演するアノ企業広告だという。

「実は4月1日からスタートしたSixTONESが出演する飲むヨーグルト『ジョア』のCMなんですが、Snow Manも同じヤクルト社の別商品で広告キャラクターをやる予定だったそうです。撮影日まで決まっていたけど、岩本の件があってペンディングになってしまったんだとか。CM仕事はタレント活動の肝。滝沢さんはSnow ManとSixTONESのデビュー前から、代理店などに自ら売り込みをかけ広告仕事を取ろうと走り回っていたそうですよ。そんな営業努力の甲斐あってか、ヤクルトという有名企業の仕事が回ってくるようになった。そう考えると岩本は罪深いですよね(苦笑)」

 さらにこのCMにまつわる話を前出のレコード会社関係者がこう続ける。

「一部のファンはやれ『Snow Manのほうが贔屓されてる』だとか『SixTONESの仕事のほうがいい』だとか、不毛な言い争いをしてるようなんですが(苦笑)、滝沢さんはそんなファンの気持ちもわかっているようで、なるべく偏りなく両グループに仕事が回るよう、いろいろと苦心しながらやってるみたいですよ。ヤクルト社の件も、商品は違えど2組両方にちゃんと広告の仕事を与えようとしたわけですから、力の入れようがうかがい知れますよね」

 そんな滝沢の努力を裏切る形になってしまった岩本だが、今後はファンと滝沢の期待に応える活躍を期待したいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/02 14:00

Snow Man 岩本照、活動再開でタッキー肝入りのCMと“MAX松浦プロデュース”が動き出す?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真