日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 存続危機「スペースクラフト」

神田うの退所で存続危機を迎えた老舗芸能プロ「スペースクラフト」の断末魔

文=日刊サイゾー

神田うの

 タレント・神田うのが6月30日、自身のインスタグラムを更新し、同日付で所属事務所スペースクラフト・エンタテインメントを退所したことを発表した。

うのは、「私事ですが、31年間所属していたスペースクラフトエンタテインメントを本日6月30日付けにて退社することになりました」と報告。事務所社長への感謝をつづり円満退社であることを強調。今後については、個人事務所で活動することを表明した。

 同社の所属タレントではうの以外に、今年3月に栗山千明、同5月には有森也実、さらには『ミュージカル 刀剣乱舞』で一躍人気になった俳優の崎山つばさも退所・独立しており、気づけばタレントの“連鎖退社”となってしまった。

「うのはバラエティー、栗山と有森は映像作品でそれぞれ“稼いでくれた”事務所にとっての功労者。崎山も今後のさらなる飛躍が期待されていた。時期は違えど、その4人が退社してしまうのはかなりの異常事態。この4人以前に、年間20億円以上を稼ぎ出すといわれていた音楽プロデューサーの梶浦由記氏と、梶浦がプロデュースし、数々のアニソンを担当したボーカルユニット・Kalafinaメンバーが退所したことで経営が傾き、社員やタレントに対する給与の遅配が発生。そのため、続々と社員やタレントが退社しているようです」(芸能プロ関係者)

 1975年12月に設立された同社だが、設立早々、米国人モデルのアグネス・ラムが大当たり。その後、経営を軌道に乗せていたが、いまや残っている所属タレントの顔触れを見ると、売れっ子と呼べるのは女優の黒谷友香ぐらいになってしまった。

「経営が傾いたのは社長が原因。俳優7人の音楽グループ・TFGの売り出しにとんでもない額の資金を投入したり、特定の女性社員を重用したりと“暴走”が止まらなくなっていた。その後も、現役女子大生グループのカレッジ・コスモスに資金を注いだものの、新型コロナの影響で5月には活動休止。無駄金になってしまっただけに、すでに経営どころか存続の危機に直面していると言われています」(音楽業界関係者)

 このままだと、今後も所属タレントの退所が相次ぎそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/03 21:00

神田うの退所で存続危機を迎えた老舗芸能プロ「スペースクラフト」の断末魔のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

自己肯定感高い中国人マンガ、中の人

近頃Twitterでたびたびバズっている特徴的なマンガがある。白いウサギが中国や台湾の人...
写真