日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 大物芸能人の退社ラッシュ

手越祐也やローラだけじゃない! 神田うのに栗山千明も…大物芸能人の退所ラッシュで芸能界が“変革の時”

文=日刊サイゾー

手越祐也

 大物芸能人の退所ラッシュが続いている。

 直近ではジャニーズ事務所を辞めた元NEWSの手越祐也が記憶に新しいが、今年に入り、女優の米倉涼子が27年所属していたオスカープロモーションを、神田うのが31年在籍していたスペースクラフトを退所した。

 3年前に独立トラブルが報じられた人気モデルのローラも1日、14年間所属したLIBERAを退所したことを報告。柴咲コウや小雪もそれぞれ個人事務所で活動するようになった。

「オスカーは米倉さんの他に忽那汐里さんや岡田結実さんなんかも辞めた。ZOZO創業者の前澤友作氏と復縁した剛力彩芽さんもすでに、個人事務所を立ち上げているという。スペースクラフトも、うのさんの他に栗山千明さんや有森也実さんら看板タレントが次々と辞めている。芸能界もいよいよ“個”の時代になってきたのかもしれない」(業界関係者)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止で、コンサートや舞台はこれまで通りとはいかなくなった。テレビ番組や映画もソーシャルディスタンス遵守が求められ、出演者の数が限られるようになった。

「当然、芸能プロダクションの経営は逼迫。会社を回すには、看板タレントに頭を下げて取り分を少なくしてもらうしかない。ただ、タレント側も、行く末が不安なので『それならば独立します』となる。コロナ前から経営が危ぶまれていた事務所は今回でアウトでしょう」(同)

 手越しかり、ローラしかり、SNS社会では大手事務所に入らずとも、十分やっていける。そればかりか年収が何倍にもなるケースもある。

 ある芸能プロマネジャーは「コロナ新時代で芸能プロの在り方自体が問われるようになった。もう大手プロのような『数は力』の時代ではないのかもしれない」と話す。コロナが直撃し、芸能界は生き残りを懸けて変わるべき時が来たのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/02 21:00

手越祐也やローラだけじゃない! 神田うのに栗山千明も…大物芸能人の退所ラッシュで芸能界が“変革の時”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

「素の志村けん」とものまねの現在地

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真