日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 狩野英孝の“キャラ得”な生き方

「私は好き、好青年」上沼恵美子がなぜか大絶賛!? 狩野英孝の“キャラ得”な生き方

文=日刊サイゾー

狩野英孝

 捨てる神あれば拾う神あり。お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太への“パワハラ報道”が取り沙汰れているタレントの上沼恵美子に、ピン芸人の狩野英孝が「称賛」したのだ。

 5日に放送された『クギズケ!』(読売テレビ)に出演した狩野は上沼について「公開処刑と思うぐらい、めちゃくちゃ言って下さる」と苦笑い。だが、それで街ブラのロケ番組では一般人女性からあまり責めたてられることがないと明かした。これには上沼も上機嫌で、かつて女性関係にだらしなかった狩野が改心したことに「清潔感があって私は好き。好青年!」などと褒めちぎった。

 梶原も狩野も同じように上沼の寵愛を受けて、大阪の番組に何度も呼ばれていたのに、これだけ対応が変わった理由について芸能関係者は「結局は打たれ強い、弱いが最も生命線になる」と話す。

「狩野も女性スキャンダル後に出演した際は、オンエアされた分だけでも相当叱責されていました。だけど、彼はそれでも萎えることはなかったわけです。東京でも彼が“愛されキャラ”というのは上沼の耳にも入っているはずで、自分と接していない時の言動も重要になってきたのでしょう」

 他のお笑い関係者らによると、梶原の言動の特徴として「調子に乗ったり、変に上下関係にうるさい」との指摘もあり、狩野とはタイプが全く違う。

 狩野がギリギリで芸能界からも、上沼からも生き残れたのはこうしたキャラ得な部分が大きかったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/07 06:35

「私は好き、好青年」上沼恵美子がなぜか大絶賛!? 狩野英孝の“キャラ得”な生き方のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

ローソン先行発売の新「ペヤング」レビュー

 今年はまじめな創作路線を突き進んでいる...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真