日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 生駒里奈、いじめネタからの脱却

生駒里奈、“次のステージ”に求められる「いじめ」「乃木坂」ネタからの脱却

文=日刊サイゾー

生駒里奈オフィシャルサイトより

 7月1日の『読売新聞』のインタビューに、元乃木坂46・生駒里奈が登場。過去のいじめと、中傷を浴びていた乃木坂46時代を振り返った。

「生駒が登場したのは、未成年者の自殺者が3年連続で増えている状況下で、『しんどい思い』を抱える人たちに向けて著名人たちがメッセージを送る特集。彼女は地元・秋田で過ごした小学5年生の時に、グループの友達から突然、無視されるようになったそう。登校時にロッカーの荷物が床に散乱していたこともあり、彼女は感情を消したことを明かしています。また、乃木坂46ではデビューからセンターを務めるも、ネット上には『センターに似合わない』『ブス』といった心ない書き込みを目にするにつけ、身も心もボロボロになったと述懐していました」(アイドル誌編集者)

 紙面では、自身の経験を踏まえた助言をしているが、乃木坂時代からのファンの中には、複雑な思いもあるようだ。

「2018年に乃木坂を卒業した生駒ですが、話題になるのは学生時代のいじめの話か、乃木坂時代の話くらいしか上がらない。ファンからすると、もっと新しいことやハッピーな話題も聞きたいところでしょう。卒業後は、ドラマやバラエティーなどコンスタントに出演していましたが、最近はレギュラーがなく、舞台が主戦場となっています。以前出演した番組では、オタクで恋愛についても興味がない状態のまま恋愛禁止のグループに入ったため、ブレーキがかかってしまうと、こじらせていることを明かしていました。暗い話よりも、熱愛でも発覚したほうがファンは喜ぶかもしれませんね」(前出・アイドル誌編集者)

 現在24歳の生駒、そろそろ新しいイメージが欲しいところかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/07 06:30

生駒里奈、“次のステージ”に求められる「いじめ」「乃木坂」ネタからの脱却のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

『パラサイト』ポン・ジュノ登場!

 現実に起きた連続猟奇殺人事件を題材にした『殺人の追憶』(03年)、泣ける怪獣映画『...
写真