日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 黒島結菜、高良健吾との“通い婚報道”はダメージに?

“清純派女優”黒島結菜、高良健吾との“通い婚報道”はダメージになるか? 朝ドラヒロインへの“絶対条件”

清純派女優黒島結菜、高良健吾との通い婚報道はダメージになるか? 朝ドラヒロインへの絶対条件の画像1
朝ドラ女優・黒島結菜

 6月19日、写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)が黒島結菜と高良健吾の熱愛を報じた。

 同誌によれば、2人はわずか650メートルほどしか離れていない場所に住んでおり、頻繁に家を行き来し、一緒にコンビニに行ったり、犬の散歩をしたりしていた姿をキャッチされた。双方の事務所は「プライベートは本人にまかせています」として、否定はしていない。

 写真をバッチリ撮られている以上弁明はできそうにないが、気になるのが“清純派女優”で売っている黒島の今後だ。

 黒島は2013年に女優デビューし、NHK連続テレビ小説『マッサン』『スカーレット』、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』『いだてん~東京オリムピック噺~』などに出演。16年7月期の『時をかける少女』(日本テレビ系)、17年9月期『アシガール』(NHK総合)では連ドラ主演も務めており、将来が有望視されている。4月期のテレビ東京系の連ドラ『行列の女神~らーめん才遊紀~』(鈴木京香主演)では、準主役として存在感を発揮したばかり。高良とは『花燃ゆ』で夫婦役を演じており、それをきっかけに交際に発展したものと思われる。

 「キュートな黒島はルックス先行型のようにも見えますが、実のところ、なかなかの実力派。2019年12月に公開され、ヒロインを演じた映画『カツベン!』では『第43回日本アカデミー賞』新人俳優賞も受賞しています。所属事務所(ソニー・ミュージックアーティスツ)的には、二階堂ふみ、土屋太鳳、橋本愛と共に、“主役級女優”として育てたい若手女優なんです。まだ23歳と若く、男性ファンが多いこともあり、本来的には恋愛スキャンダルは御法度。ただ幸い、お相手・高良の好感度が高いので祝福ムードもあり、ダメージは最小限ですみそうです。それでも、男性ファンとしてはショックでしょうから、しばらく外ではツーショット写真を撮られないようにして、ほとぼりが冷めるのを待つしかなさそうです」(芸能ライター)

 NHKが頻繁に起用していることもあり、近い将来に朝ドラヒロインへの抜擢も期待されている黒島だけに、熱愛報道にひるまず今後も演技力で勝負してもらいたいものだ。

最終更新:2020/07/07 21:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed