日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジの“視聴率回復”は期待薄か

安藤優子に事実上のクビ宣告! それでもフジテレビの“視聴率回復”は期待薄の現状

文=日刊サイゾー

フジテレビ公式サイトより

 情報番組『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)が今年9月末で打ち切られ、前枠の『バイキング』を3時間番組に大型化させることが判明した。

『グッディ!』は長年、フジテレビ系の報道番組でキャスターを務めた安藤優子氏がメインMCを務めている。フジテレビ関係者はこう語る。

「後続番組を含め、レギュラー出演するといった情報は今のところありません。ギャラも高かったがフジテレビの功労者のため、数字が低迷してもなかなか切れなかった。海外取材では持ち前の語学力を生かしていたが、やはりロートル感は否めませんでした」

 裏番組の『ゴゴスマ』(TBS系)、『ミヤネ屋』(日本テレビ系)はいずれも名古屋、大阪の放送局が制作しており「『グッディ!』だけは唯一、在京キー局の制作。何とか守り切ってほしかったのですが……」(別のフジテレビ関係者)との声も漏れてくる。

 だが、コロナ禍による減収はフジテレビも例外ではない。

「視聴率の民放4位がすっかり板についてしまい、CM単価も低いまま。制作費を含めてどこかを削らないといけない状況だった」(同)というが、後を継ぐのが坂上忍というところに懐疑的な目を向ける関係者は多い。

「秋以降、制作はバラエティー班から報道メインの情報班に引き継がれるが、このカラーに坂上が染まれるのか。今の番組のように好き勝手に発言ばかりしていたら、今度は“失言”となって捉えられ、一気に問題にもなります。営業サイドもクセの強い番組ですからCMセールスをかけるのに苦戦することが予想されますよ」(同)

 フジテレビが今、最も欲しいのは“視聴率回復”だろうが、複数の系列局幹部曰く「まあ、無理でしょう」とすでに諦めモードなのが何とも気になるところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/11 10:00

安藤優子に事実上のクビ宣告! それでもフジテレビの“視聴率回復”は期待薄の現状のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

『M-1』予選を騒がせた野良芸人

『M-1』グランプリの決勝が近づいている。今年は過去最多となる5,040組がエントリ...
写真