日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 「やまとなでしこ」視聴率低調

松嶋菜々子「やまとなでしこ」特別編を再放送も、視聴率低調で、フジテレビ関係者が落胆

文=日刊サイゾー

松嶋菜々子

 

「まぁ、及第点と言えばそれまでですけど……もう少し取ってほしかったのが本音ですね」(フジテレビ関係者)

 2000年代の「名作ドラマ」としても挙げられる『やまとなでしこ』(フジテレビ系)の特別編のことである。7月6日、13日の“月9”枠で放送されたが視聴率は9.7%、10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったという。

 松嶋菜々子が主演のロマンチックラブコメディーで、後に薬物で逮捕された押尾学の扱いがどうなるかなど、放送前からSNSを中心に話題は多かった。前出の同局関係者は「その割にはと言っていいかはわかりませんが、せめて15%くらいはほしかったですよ」と不満げだ。

 放送当時、最終回は34.2%、全話平均視聴率は26.4%と“お化けドラマ”だったことを加味すればその思いも一理あるのは自然な流れだろう。

「今回はコロナ禍で、シリーズ化された期待のドラマ『SUITS』の撮影が止まったため急遽、放送が決まった格好。それでも、そこそこ数字が狙える作品を流さないと、CMスポンサーも納得しないわけです。午後9時からの2時間枠を2回、平均が10%あたりだと物足りない。今後、同じようなことが起こった際、本当に名作ドラマの再放送でいいのか、編成とも話し合う必要はある」(同)

 視聴率で民放テレビ局4位に沈むフジテレビにとって、伝説のドラマ『やまとなでしこ』ですらその神通力が効かなかったということになるが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/15 22:00

松嶋菜々子「やまとなでしこ」特別編を再放送も、視聴率低調で、フジテレビ関係者が落胆のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

百田尚樹の“変節”読み解く

 『永遠の0』(講談社文庫/単行本は太田出版、2006年)などで知られる小説家であり...
写真