日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > やまとなでしこ復活で押尾学問題

松嶋菜々子の月9ドラマ『やまとなでしこ』復活で、押尾学の「取り扱い問題」がぼっ発

文=日刊サイゾー

押尾学

 2000年に松嶋菜々子が主演し大ヒットしたドラマ『やまとなでしこ』(フジテレビ系)が7月6日・13日に「特別編」として同局で放送される。

 昨今の社会情勢によりバラエティー、ドラマ番組の制作が止まっている影響でテレビ各局は名作を再編集して放送し枠を埋めている。

「今回も『SUITS』シリーズの撮影が途中で止まっており、その関係で同じ“月9”で放送されていたドラマを復活させようということになった」(フジテレビ関係者)

 全話平均視聴率は26.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、フジテレビ史上歴代2位の高視聴率を誇った作品だけに、今回も期待値は高いだろうがやっかいな問題もある。主要キャストの1人に麻薬取締法違反、その後保護責任者遺棄致死罪(※のちに保護責任者遺棄罪)の容疑で逮捕、懲役2年6か月の実刑判決を言い渡された押尾学がいたのだ。

「本人は罪を償い、2014年に仮出所しましたが、以前のように役者業はまったくやっていません。このドラマでは後に妻となり、離婚する女優・矢田亜希子と出会った作品でもあるだけに、2人の競演シーンもある。ただ、これがそのまま流されるかは別問題。さすがに露骨に押尾の出演シーンだけモザイクが入ることはないでしょうが、再編集するとなると全カットされる可能性もある。ある意味、フジがどんな決断をするか見ものですね」(ドラマ制作関係者)

 犯罪者が過去に出演したシーンをめぐっては、その都度「カットすべき」「いや、作品に罪はない」との論争が巻き起こるのが常だが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/06/30 10:00

松嶋菜々子の月9ドラマ『やまとなでしこ』復活で、押尾学の「取り扱い問題」がぼっ発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

広瀬香美「逸脱してるじゃん。逸脱しまくり」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(2)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真