日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 大島由香里、「不倫経験」武器に

唐田えりかの姉に苦言! 元フジテレビ・大島由香里、「不倫経験」が芸能界生き残りの武器に!?

文=日刊サイゾー

スターダストプロモーション公式サイトより

 フリーアナ戦国時代と言われるなか、これが彼女の「需要」なのかもしれない。

 7月14日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)にて、元フジテレビアナで現在はフリーの大島由香里が、あの不倫女優について言及した。

「番組では、『女性自身』(光文社)にて、東出昌大との不倫で活動休止となっている女優の唐田えりかの姉が、『このまま引退ということはないはずです。それでは本人はもちろん、家族も悔しすぎます』と発言した件について報道。浅草キッド・玉袋筋太郎が『“魔性の女”になれるわけですから。おれはチャンスだと思う』と復帰を後押しすると、大島は『チャンスというふうにはね……』と反論。『杏さんでしょ、悔しいのは』と、唐田の姉に対して苦言を呈していました」(テレビ誌ライター)

 大島といえば、フィギュアスケート選手の小塚崇彦と2016年に結婚し、17年に第1子となる女児が誕生するも、19年に離婚。小塚の不倫や夜遊びが原因だったと報じられているだけに、ネット上では「経験者は語るだね」「大島さんが言うと説得力がある」とのコメントが飛び交った。

「大島は6日の同番組でも、不倫疑惑が浮上している木下優樹菜の芸能界引退について『シングルマザーでいちばん心配なのって、子供をどう食わせていくか、育てていくかっていうことだと思うんですよね』と指摘しています。現在、フリーアナは群雄割拠。大橋未歩、鷲見玲奈、宇垣美里、宇賀なつみなどは豊満ボディで華もあり、番組で引っ張りだこになっている反面、大島はフジテレビ時代には報道畑だったこともあり、フリー後もキャラ立ちが弱かった。しかし、ここにきて『シングルマザー代表』『不倫で離婚アナ』というポジションができつつある。芸能人の不倫報道があるたびに、辛らつな発言でブッタ斬りすれば、重宝されるようになるかもしれません」(テレビ関係者)

 大島は結婚生活での「悔しい思い」を、芸能界で生かすことができるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/17 10:00

唐田えりかの姉に苦言! 元フジテレビ・大島由香里、「不倫経験」が芸能界生き残りの武器に!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

高橋克実、俳優復帰も不安を指摘

 今年9月いっぱいで終了するフジテレビ系の午...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真