日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 関西女子アナが社内婚に走るワケ

手堅い人生の選択!? 関西の女子アナウンサーが続々と「社内婚」に走るワケとは?

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:BrianMcguffog

 在阪テレビ局の1つ、読売テレビの平松翔馬アナウンサーが、後輩の中村秀香アナウンサーと結婚すると17日、2人が出演する情報番組で発表した。

 平松アナは主にスポーツ番組を担当しており「同志社大学野球部出身のイケメン。優しい笑顔が視聴者にも人気です。中村アナは結婚発表した『す・またん!』の出演がメイン。ともに20代で将来嘱望されている人材です」(同局関係者)という。

 それにしても不思議なのは、在京キー局の女子アナたちは次々と有名人や起業家たちとの交際、結婚が多いのに在阪テレビ局の女子アナたちは何故か“社内婚”が多いことだ。同じ読売テレビを見ても『情報ライブ ミヤネ屋』に出演する林マオアナは10年前の7月、会社の同期で当時報道記者だった男性と結婚、吉田奈央アナも5年前に会社の先輩のプロデューサーと結婚している。

 かつて在阪テレビ局で女子アナとして勤務していた女性は「出会いは……無くはないですよ」と明かす。

「プロ野球選手、騎手などとの会食はもちろん、会社のツテがあればオファーがかかります(笑)。広告代理店とのコンパも普通にありますし、我々女子アナも参加していました。ただ、堅実な考えの子が多いのは東京のテレビ局よりもあるかも。結局、フリーになったりする子は少なく、そのまま手堅く局アナや局員としてずっと働くパターンが多いですからね」(同)

 ただ、問題もある。別の在阪テレビ局編成マンは「社内恋愛、結婚はいいんですが、後々結婚した夫婦に聞いてみると『お互いのサイフ(給与)が黙っていても分かるのが辛い』との声が多い。そこは面倒なようですけどね」と話す。

 ひとまずは2人に幸あれ……だがその前途は?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/19 17:30

手堅い人生の選択!? 関西の女子アナウンサーが続々と「社内婚」に走るワケとは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

菅内閣は古傷が次々に暴かれる?

今週の注目記事・第1位「昼下がりのラブホ密会...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真