日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 東京五輪、観客減も開会式は維持

来夏開催予定の東京五輪、観客減も開会式は維持…アンバランスな綱引きの行く末

文=日刊サイゾー

イメージ画像/出典:applekun4649

 国際オリンピック委員会のバッハ会長が日本時間17日夜、IOCのオンライン総会後、会見で来夏開催予定の東京五輪について競技会場の観客数を減少させる可能性を示唆した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響による対応策の1つとして「検討すべきシナリオ」とバッハ会長。一方で“決定事項”かどうかについては「時期尚早」と明言を避けている。また、予想外の1年延期に伴い大会の簡素化を目指しているが、最も規模が大きい開会式については五輪組織委の森喜朗会長が縮小することが困難であることを明かしているが、これには「適切なバランスを組織委員会が見つけると思う」と話すにとどめた。

「IOCとしては、観客数が減っても収入にはさほど影響がでない。一方で、開会式を縮小させると世界中のテレビ放映権に影響が出ることが大きく難色を示した。結局のところ、日本で予定通り実現させる、させないよりもカネの計算がいまだに先にきている」(組織委員会関係者)

 日本側から気になるのは、やはり最低3000億円とも言われている追加費用だが……。

「実際には倍額の6,000億円以上かかると言われているが、IOCは最後まで自身の負担額を増やさない気でいる」(同)

 観客数減を示唆しながら、一方でメインどころの縮小は許さない。いかにも見栄を張った祭典と言えるが「それがオリンピックですから。コロナ禍でやっぱり無理がありますよね…。後は中止をどちらが言い出すか。この1点だと思いますよ」(同)と身内も呆れているが今後、どうなるのか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/21 12:00

来夏開催予定の東京五輪、観客減も開会式は維持…アンバランスな綱引きの行く末のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

渡部建、復帰番組が打ち切りへ

「週刊文春」(文藝春秋)に複数女性との品性下...…
写真
インタビュー

日本人の歪んだ愛国心に未来は?

 昨年刊行された『日本国民のための愛国の教科書』(百万年書房)という本がある。タイト...
写真