日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 重盛さと美にオファー急増のワケ

重盛さと美にオファー急増!? 令和の“ぶっちゃけ女性タレント”にはプラスアルファが不可欠か

重盛さと美にオファー急増!? 令和のぶっちゃけ女性タレントにはプラスアルファが不可欠かの画像1
重盛さと美YouTubeチャンネルより

 新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛期間に、ラップを歌う動画をYouTubeにアップしたことで、注目を集めた重盛さと美。これが追い風になったのか、ここにきて番組出演オファーが急増しているという。

 このラップ動画は、TERIYAKI BOYZの楽曲『TOKYO DRIFT』のビートに自作のラップを乗せたもの。「TOKYO DRIFT FREESTYLE」と題して、多くのラッパーたちがYouTubeに動画をアップしていたが、その中で最も話題になったのが重盛さと美だった。

「ラップ動画がバズったことをネタにして、いろいろなトーク番組に出演しましたが、そこで事務所の無断で動画をアップして怒られたという話や、過去の恋愛話などをぶっちゃけて、これが大ウケ。上手く結果を残したんです。それで、“重盛さと美はいいネタを持っている”という評判がまわり、その後いろんなバラエティ番組がオファーをするようになったというわけです。『めちゃイケ』時代からの突出したおバカキャラもあるし、本人のやる気さえあれば、ここから大きくブレイクする可能性も高いと思います」(バラエティ番組関係者)

 近頃、バラエティ番組の“ぶっちゃけキャラ”として人気なのが、ファーストサマーウイカやm-floのLISAなどだ。

「彼女たちは単なる“ぶっちゃけキャラ”というよりも、“毒舌&本音系”といった雰囲気。ちょっと前なら、あまり有名ではないモデルが出てきて、“嘘か本当かよくわからない話をぶっちゃける”というパターンも多かったんですが、最近は何らかのバックボーンを持ったタレントが秘めていた本音をぶちまけるというパターンが多いです」(同)

 ウイカであれば、“元アイドル”や“現役の女優”というバックボーンがあり、LISAであれば90年後半から00年代に一世風靡した“ミュージシャン”という肩書きがある。重盛にしても、『めちゃイケ』時代という土台があるのだ。

「ただただ爪痕を残したくて突飛な発言をするだけのぶっちゃけは、もはや通用しない。元アイドルとか、ミュージシャンとか、“プラスアルファ”がないと説得力も出てこないんですよね。田中みな実がフリー転身後にぶっちゃけ系のキャラでハネたのも、やはり元局アナという肩書きがあったから。実績のない“モデルの卵”や“エセセレブタレント”みたいな人が割って入る隙はほとんどないでしょう」(テレビ局関係者)

 ではほかに、こうした“ぶっちゃけキャラ枠”で躍進が予想される女性タレントは誰なのだろうか。

「ぶっちゃけという感じではないですが、本音系トーク要員として出番を増やしているのは、マキシマム ザ ホルモンのナヲ。あとは、ほんわか系ではありますが、意外とズバズバ物を言う、元NHKアナウンサーでバナナマン日村の妻である神田愛花あたりですね」(同)

 今後も何かしらのバックボーンや肩書きをもった女性タレントが、ぶっちゃけ・毒舌系にシフトするケースが増えそうだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2021/12/03 01:57
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真