日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 小倉智昭のテラハ擁護に失笑

「『テラスハウス』にヤラセはないと思う」小倉智昭の発言に失笑!「あれをリアルだと思ってんの?」「フジテレビだから庇うのか」と反感の声

文=日刊サイゾー

『とくダネ!』ホームページより

 Netflixで放送されていたリアリティ番組『テラスハウス』(フジテレビ制作)に出演していた女子プロレスラー・木村花さんの急死が、連日物議を醸している。番組に出演したことをきっかけに、彼女のSNSには誹謗中傷の書き込みが殺到し、それがきっかけで自死したのではないかと見る向きも少なくない。そんな中、28日に放送された情報番組『とくダネ!』も、このニュースを扱った。

 司会の小倉智昭は昔から『テラスハウス』ファンだといい、このニュースをきっかけに木村さんが出演した回を見直したと語った。さらに、番組づくりにも言及し、過去に一度ヤラセの指摘を受けているため、担当者は相当敏感になっているはずだと推測した上で「極端なヤラセとかは僕はないだろうと信じている」と発言したのだ。

 しかし、これに対し「あれをヤラセじゃなくリアルだと思ってるの?」「フジテレビの制作番組だからってかばっているのでは?」「夢見るおじさんかよ……」とネット上では冷ややかな声も少なくない。芸能記者は「このタイミングでの『ヤラセじゃない』はちょっと苦しいと思う」と苦笑する。

「ちょうどこの『とくダネ!』放送の前日に、『女性セブン』のウェブ版に『テラハの暴走、現役スタッフが告白 泥臭い人間模様を狙う』という記事が掲載されたんです。記事の内容は、番組制作側の現役スタッフや元スタッフが『台本はないけど出演者に指示することはあった』『(出演者に)もっと怒鳴り合うよう指示した』などと告白するもので、こうした過剰な演出によって木村花さんは誹謗中傷を受けるはめになったのではないかという論調でした。この記事はかなり拡散されており、『制作サイドにも問題があったのではないか』と疑問視する声が増えている中で、小倉さんは『ヤラセじゃないと思う』なんて発言したものだから、失笑を買ったのでしょう」

 もしかしたら小倉は件の記事を読んでいなかったのかもしれないが、なんとも空気の読めない発言をしてしまったようだ。

 まだまだ尾を引きそうな『テラスハウス』問題。「SNS上の誹謗中傷への対応」「制作サイドに問題はなかったのか」という2つの論点に真摯に向き合い、二度とこのような悲しい事件が起きないよう精査することが、制作を担うフジテレビの務めなのではないだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/05/29 07:00

「『テラスハウス』にヤラセはないと思う」小倉智昭の発言に失笑!「あれをリアルだと思ってんの?」「フジテレビだから庇うのか」と反感の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真