日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 石田純一、コロナ感染も無反省

まったく懲りてない!? 石田純一、コロナ感染も無反省の夜遊び三昧で今後に暗雲漂う

文=日刊サイゾー

石田純一

 4月に新型コロナウイルスに感染するも、回復して6月に復帰を果たしていた俳優の石田純一だが、「週刊女性」(8月18・25日合併号/主婦と生活社)で、福岡に滞在してゴルフを楽しみ、飲みの席では美女を“お持ち帰り”していたことが報じられた。

 石田といえば、4月上旬に北関東でゴルフをプレー。その後のパーティーに参加した女性たちからコロナに感染したと推測され、後日、沖縄に滞在中に体調不良を発症。検査の結果、コロナ感染が発覚していた。

「3月にはハワイ、そして、北関東、沖縄でゴルフをプレーしていたことが判明。おかげでゴルフのイメージが地に落ちた。そのため、テレビ東京の石田の冠ゴルフ番組は6月末で終了してしまった。それでも、石田は無反省だったのには驚きです」(テレビ局関係者)

 かつて自らの「不倫は文化」発言が原因で“冬の時代”を迎えた石田だが、時間をかけて好感度が上昇し再浮上。しかし、ニセ皇族の結婚式出席、都知事選出馬騒動、そして、今回のコロナ感染によってどんどん仕事が減ってしまった。

 この度の福岡行きだが、石田は直撃した記者に対し、スポンサー筋とのゴルフだったことを説明。そのうえで、「レギュラー番組はないので、主な収入源はスポンサー」「誰がメシを食わせてくれるんですか。スポンサーさんに誘われたら、ゴルフでも、“3密”と言われている食事会でも、そりゃ行くでしょ」など、“スポンサー・ファースト”を繰り返し強調したのだ。

「どうやら、家族の健康よりも、家族を食べさせるためにスポンサーをラ選ぶというのが石田の出した結論。とはいえ、もともといい人過ぎるだけに、裏では犯罪に手を染めるようなスポンサー筋が現れ、うまい具合に利用させるようなことが起こりかねない。現状、石田にまっとうな筋からの新規オファーはなさそうです」(芸能記者)

 妻・東尾理子との離婚危機説も浮上する中のスキャンダルだけに、夫婦関係の悪化は避けられないかもしれないが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/05 21:00

まったく懲りてない!? 石田純一、コロナ感染も無反省の夜遊び三昧で今後に暗雲漂うのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真