日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 木村拓哉、切り札投入は先送りに

家族売りは消滅!? 木村拓哉、俳優業が安定で“切り札”投入は先送りになりそうな情勢

文=日刊サイゾー

木村拓哉

 当初は4月にスタート予定も、新型コロナウイルスの影響で6月スタートとなった、元SMAPで俳優の木村拓哉主演のテレビ朝日系ドラマ『BG~身辺警護人~』の第2シーズンだが、全7話の平均世帯視聴率は15.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

「ほぼ第1シーズンと同じぐらいの数字を記録。今回は元同僚だった斎藤工とのバディものとなったがなかなか評判は上々。回数を重ねても数字は落ちなかっただろうし、テレ朝内では続編の制作がすでに決定したと言われています」(テレビ局関係者)

 テレ朝といえば、水谷豊主演の『相棒』、内藤剛志主演の『警視庁捜査一課長』、上川隆也主演の『遺留捜査』、V6の井ノ原快彦主演の『特捜9』、少年隊・東山紀之主演の『刑事7人』など、継続中の人気刑事ドラマシリーズを数多く抱えているが、どうやら『BG』もその仲間入りを果たすだろうという見方が強い。

 さらに、今年1月、木村が主演しベストセラーの原作をドラマ化した『教場』がフジテレビ系で2夜連続で放送されたが、いずれも15%台の高視聴率を記録した。

「キムタクが新境地を開拓した作品と言われているが、続編のスペシャル番の放送が決定したようだ。長女のCocomi、次女のKoki,はオンラインライブで父親の好きなドラマとして、数あるドラマの中からそろって『教場』をあげていたほど」(芸能記者)

 いつの間にか、俳優としてすっかり安定していた木村だが、どうやら、“切り札”の投入はまだまだ先になりそうだというのだ。

「ファン層拡大を狙ってか、キムタクは公開中の『ドラえもん』の劇場版最新作のゲスト声優をつとめました。一時期は今後、人気がダウンした場合、妻・工藤静香、そして2人の娘との“家族セット売り”があるかと言われていたがいわば切り札。しかし、現状だと、そこまでする必要はなさそうですね」(同)

 木村といえばこれまでは同じ役を嫌がり、数々主演ドラマの中でもシリーズ化されたのは『HERO』のみだが、ようやく落ち着く気になったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/16 06:30

家族売りは消滅!? 木村拓哉、俳優業が安定で“切り札”投入は先送りになりそうな情勢のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真