日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 木村拓哉、工藤静香選んで納得

木村拓哉が過去に集めた“意外なアイテム”に「工藤静香を選んだのも納得」の声

文=日刊サイゾー

木村拓哉

 今さらながら、やっぱりお似合い夫婦だった?

 工藤静香が7月28日に更新した自身のインスタグラムでメッシュタイプのマスクを付けた姿を公開した。

「ファンからの要望に応えてのことのようですが、紫の縁取りのある黒のメッシュマスク、大きなターコイズの石がついたネックレス、青のシースルー衣装というコーディネートでカメラ目線を決めている姿はインパクト大。元ヤン過去が取り沙汰されたことのある工藤だけに、ネット上では『隠しきれないヤンキー感』『もし学校の保護者会にこんな人がいたら距離置く』といったコメントが飛び交いました」(芸能ライター)

 そんななか、注目を浴びたのが夫・木村拓哉が8月2日放送のラジオ番組語った過去の持ち物だったという。

「木村は小さい頃に流行っていた『なめ猫』の文房具を使用していたことを告白。しかも、『下敷きもシャーペンも、カンペンも、そのペンケースに入る定規もなめ猫でした』となめ猫セットで持っていたのだとか。この『なめ猫』とは、80年代に暴走族風の身なりをさせた猫のキャラクターグッズで、『なめられたら無効』などと書かれた免許証風グッズなどが一世を風靡したものでした。木村はその当時のことを『みんなが好きなアイドルのシャーペンとか下敷きとか持ってた時、一人使ってたのが、恥ずかしいんですけど、なめ猫でした』と明かしています」(芸能記者)

『なめ猫』はある意味、ツッパリ文化の象徴的なアイテムだっただけに、リスナーからは「結婚相手に静香を選んだのは納得」といった声も上がっているようだ。

「使用しているグッズにアイドルよりも『なめ猫』を選んでいるあたり、ヤンキー風の女子に惹かれる素養があったことが伺えますね(笑)。一時は不仲説も流れましたが、最近では静香との若かりし日のツーショット写真をSNSで上げて話題となっているように、仲良し夫婦なのでしょう」(前出・芸能記者)

 娘でモデルのCocomiとKoki,は清楚系で売っているが、そのうちツッパリ始めたりして?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/07 06:00

木村拓哉が過去に集めた“意外なアイテム”に「工藤静香を選んだのも納得」の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

『イカゲーム』密輸で銃殺の衝撃!

 NetFlixで配信され大ヒット中の韓国ド...…
写真
インタビュー

青木真也が語る、コロナ禍での海外遠征

 格闘技界において、変わらぬスタンスを貫き通している青木真也。  もはや説明不要のキ...
写真