日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 三浦さん寄せ書きに山里意気消沈

勝村政信、三浦さんへの「でかちん」寄せ書きに南キャン山里亮太が意気消チン!?

文=日刊サイゾー

南海キャンディーズ・山里亮太

 俳優の勝村政信が、7月18日に死去した俳優の三浦春馬さんに寄せた色紙のメッセージに批判が殺到。それを受け、所属事務所の公式サイトで勝村の謝罪文が掲載された。

「騒動の発端となったのは、2019年に上演された三浦さんの主演舞台『罪と罰』の共演者たちが三浦さんを追悼する会を開いたときのこと。SNSにアップされた寄せ書きに、勝村が『でかちんくんへ 愛してるよ 永遠に』と書いていたことが失礼だと大炎上していました。勝村の説明によれば、三浦さんから『カッチン』と呼ばれており、勝村も語呂合わせのように『デカチン』との愛称で彼を呼んでいたとのこと。ともあれ、『初めてご覧になった方が、その文字面に驚かれ、不快な思いをされたのは当然のことです。申し訳ありませんでした』と謝罪しています」(芸能ライター)

 この釈明に、「何が語呂合わせなんだ?」「それでも思考が非常識」「気色悪いアダ名付けんなよ先輩が」「愛称ってより蔑称じゃない?」と納得できていない人が多い一方で、「“でかちん”なんて男の勲章だぞ、何を騒いでいる?」との擁護の声も聞かれる。

 そんななか、今回、「でかちん」という強烈なワードが広がったことで、あの人に思わぬプレッシャーが発生しているかもしれないと言う。

「三浦さんといえば13年に女優の蒼井優との熱愛が発覚するも、三浦さんの母親が交際に反対し、15年に破局しています。その後、蒼井は19年に南海キャンディーズ・山里亮太との結婚したのは周知のとおり。その山里が独身時代にオードリー・若林正恭のオススメの風俗店に行ったところ、指名した風俗嬢が週刊誌に『あちらは若林さんのほうが立派でした(笑)』と暴露しています。妻の元カレが“でかちん”だったことに意気消チンしていなければいいのですが」(週刊誌デスク)

 もっとも、勝村は「でかちん」の“でか”が何についてのことか明らかにしていない。もし高身長のことだったとすれば、山里も十分“でかちん”だが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/23 12:00

勝村政信、三浦さんへの「でかちん」寄せ書きに南キャン山里亮太が意気消チン!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真