日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 現役局アナの寂しいバイト事情

家を二軒建てた徳光和夫は特例!? 現役局アナたちの寂しい“バイト”事情とは?

文=日刊サイゾー

徳光和夫

 人気フリーアナウンサーの徳光和夫が日本テレビの局アナ時代に稼ぎまくったお金事情に“現役世代”からブーイングが飛んでいる。

 22日に放送された『八方・陣内・方正の黄金列伝!』(読売テレビ)に出演した際、情報番組『ズームイン朝!』のメインMCをしていた頃に本業以外にも会社を通しての“営業”がたくさんあったと告白。パーティーの司会などが主だったそうで「基本給の2倍くらいの残業手当」に加えて、バイトのギャラがあり「家を2軒建てた。お金に苦労したことがない」と言い切った。

 これに「本当に羨ましいとういうか……浮世離れしていませすね」と語るのは、現役地方局の局アナたちだ。聞けば「アルバイトなんてもう、勝手にできないし会社を通しての依頼も断ったり、ギャラが全く入らずにやり損!」と憤る。

「会社の考え方として『うちの看板を使って勝手に仕事をするな!』というのが以前に増して強くなった印象。理由の1つはコンプライアンス重視になったことや、会社としての売り上げにギャラを組み込んでアナウンス部を“お荷物部署”にしないよう、上に働きかけたい上司のゴマすり材料になっている(苦笑)」

 また、別のエリアで働く女子アナからは「徳光さんのころはアナウンサーも“狭く深く”の門だったのが、今は“浅く広く”に変わった。意外だと思われるのが、とにかく経費が使えないこと。週刊誌対策でタクシーに乗るのもあれ、全部自腹ですから。昔はそうした部分も給与がいいから何とか相殺できたが、今はそれもできない。バイトできないのは本当に苦しい」と嘆く。

 懐事情は世間一般がイメージしているよりも厳しいようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/08/24 06:30

家を二軒建てた徳光和夫は特例!? 現役局アナたちの寂しい“バイト”事情とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

マヂラブ「漫才師とかコント師なんて職業は存在しない」

「R-1ぐらんぷり2020」優勝、「M-1グランプリ2021」優勝、そして三冠をかけ...
写真