日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > キスマイの新曲がV6のパクリ?

キスマイの新曲がV6のパクリ? 売上枚数も微妙でNHK紅白連続出場に黄信号

文=日刊サイゾー

Kis-My-Ft2

 メンバーの知名度とは裏腹に、グループの楽曲はなかなか一般層にまで浸透していかないようだ。

 ジャニーズグループ・Kis-My-Ft2の最新シングル『ENDLESS SUMMER』が、9月15日付のオリコンデイリーシングルランキングで初登場1位に輝いた。

「今作はキスマイにとって通算26枚目のシングルで、ジャニーズJr.内ユニット・美 少年の初主演ドラマ『真夏の少年~19452020』(テレビ朝日系)の主題歌となっています。そのため、キスマイファンだけでなく美 少年ファンの購入も期待されたのですが、フタをあけてみると、初日は12万6,453枚とジャニーズWESTやHey!Say!JUMPなどと比べて物足りない数字となっています」(音楽ライター)

 さらにネット上では同曲に対する「既視感」が話題を呼んでいる。

「V6のヒット曲『愛なんだ』に酷似しているとの指摘が続出。『キスマイの新曲サビが愛なんだっぽい』『途中までモロかぶりだよね』『キスマイがV6を歌ってるのかと思った』と、パクリ疑惑が浮上しているようです」(芸能ライター)

 そんなキスマイの楽曲はこれまでにもたびたび「パクリ」と揶揄されていたという。前出の音楽ライターが言う。

「北山光宏がみずから作詞作曲したソロ曲、『今ナニヲ想ウノ』が、人気アニメ『ラブライブ!』の『もうひとりじゃないよ』のパクリではないかと噂になったことがあります。確かに聴いてみるとAメロがソックリなんです。また、『祈り』という曲もダンス&ボーカルグループ・Leadの『FLYAWAY』に酷似していたことから、双方のファンの論争に発展したこともありました」

 昨年はNHK紅白に出場したキスマイだが、連続出場を果たすには「ヒット」という結果が欲しいところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/20 06:00

キスマイの新曲がV6のパクリ? 売上枚数も微妙でNHK紅白連続出場に黄信号のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

伊集院光が麒麟・川島のファロースキルを絶賛

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真