日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 伊勢谷“ハメ撮り”が流出の危機

歴代彼女とハメ撮りを!? 伊勢谷友介、禁断の“秘蔵コレクション”が流出の危機

伊勢谷友介

 今月8日に俳優・伊勢谷友介容疑者が都内の自宅で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反(所持)の容疑で警視庁に逮捕された事件はいまだに大きな波紋を広げている。

 ここに来て、複数のメディアが伊勢谷容疑者が以前交際していた恋人に暴力をふるったり、エアガンで撃ったりといったDV癖があったことを報じて話題になっている。

 かつての交際相手やその関係者も口を揃えて「アイツだけは許せない」と語るなど、いまだに強い恨みを持たれていることからも、以前からかなり“敵”は多かったことが容易に想像される伊勢谷容疑者。

 だが、その一方で今回逮捕されるまでほとんど醜聞が聞こえてこなかったのは不自然だが、民放テレビ局の情報番組スタッフはこう語る。

「伊勢谷さんについては、広末涼子さんや木村佳乃さん、長澤まさみさん、森星さんら数々の美人タレントと浮名を流し、プレイボーイとして名をはせていただけにそれなりに業界内でも目立つ存在でしたし、かなり以前から『許せない』、『アイツには気をつけろ』といったネガティブな情報は聞こえて来てはいました。ただ、弱みを握られているのか当事者やその関係者から具体的なエピソードが語られることはほとんどなかったのが印象的です」

 そうした中、その理由を大手芸能事務所のマネジャーは声を潜めてこう語る。

「伊勢谷さんにはただでさえ以前から違法薬物の噂があり、親しい関係だったことを認めるのがマイナスに作用する可能性が高かったことに加えて、ハメ撮りが趣味なんて話もありましたからね。万が一、伊勢谷さんを怒らせてあられもない画像や動画のデータが流出しようものなら、仕事柄、致命的なダメージを受ける元恋人も少なくないでしょう。その結果、たとえ内心では忸怩たる思いがあっても、これ以上被害を受けないためにも、下手に刺激するよりもおとなしく泣き寝入りした方が得策という判断に至ったのではないでしょうか」

 伊勢谷容疑者の暴発により禁断の“秘蔵コレクション”が流出しないことを祈るばかりだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/09/21 10:30
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed