日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 石森虹花「坂口杏里コース」か

欅坂46・石森虹花、歌舞伎町ホストと交際発覚で「坂口杏里コース」一直線か

文=日刊サイゾー

石森虹花(槻坂46公式サイトより)

 あの定番コース一直線?

 櫻坂46への改名が発表された9月20日、文春オンラインで「新宿・有名ホストとの自宅デート1年愛」を報じられたのは、欅坂46の1期生・石森虹花。

「記事によると、石森が熱をあげているのは、歌舞伎町の超売れっ子ホストA。EXILE・岩田剛典似のイケメンで、歌舞伎町には彼の顔がデカデカと載った看板もあるそう。Aを知る人物によると、相手を本気にさせる“色恋営業”が得意で、昨年9月に石森が来店したのを機に親密な関係になっていったといいます。8月には客とのアフターを終えたAが石森の自宅に14時間滞在した後、また店に戻っていったことが確認されています」(芸能記者)

 石森はここ1カ月ほどグループの活動にまったく参加しておらず、それについて運営からの説明もないまま。そのため、ネット上では「体調悪いのかな、改名でメンタル参ってるのかなって心配してたのに、コレか!」「誰と付き合おうがいいけど、ホストはやめといたほうが……」「グループ改名と同時に、スキャンダル。もう沈む人生しかない」「櫻坂よりもホスト坂のインパクトが強い」と、辛らつなコメントが飛び交っている。

「石森はすでに運営に対して、卒業の希望を申し出ているといいます。欅坂の中でも人気は下位でしたから、正直、ピンでの活動は厳しい。このまま芸能界引退となるのではないか。しかし、Aには他にも女性の陰があり、欅坂46の現役アイドルだったればこそ、石森と交際していた可能性もある。一般人になった瞬間捨てられると予想する人が多いようですね」(前出・芸能記者)

 ホスト通いタレントといえば、真っ先に思い出されるのが坂口杏里だ。

「坂口はホストにハマったことで、風俗→AVの定番コース行きとなりました。石森がAを繋ぎ止めようと大金をつぎ込むにしても、フラれてメンタル崩壊となった場合にも、脱がせ屋たちがこのチャンスを見逃すはずがない。元欅坂46のヘアヌード写真集や、AV転身というパターンはまだありませんから、実現すれば爆発的なセールスを記録するのは確実です。卒業と同時にオファーが殺到するでしょうね」(AVライター)

 坂口の時のように、怪しい脱がせ屋が群がるのがこの世界。ファンとしては気が気ではないだろうが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/09/23 22:00

欅坂46・石森虹花、歌舞伎町ホストと交際発覚で「坂口杏里コース」一直線かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅内閣が目指す「恐怖政治」「警察国家」

今週の注目記事・第1位「コロナワクチンを娘や...…
写真
インタビュー

スピリチュアル市場のサバイバル

 現代社会においては宗教も市場競争にさらされ、人々が自分にふさわしい考えや実践をマー...
写真