日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『アンサング~』最終回に賛否の声

『アンサング・シンデレラ』最終回に賛否の声…「つめこみすぎ」「無理やり感がすごい」

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』公式サイトより

 石原さとみの主演ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の最終回が、9月24日放送された。平均視聴率は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で前回より0.5ポイントアップ。そして、全11話を締めくくるラストシーンには、賛否の声が集まっている。

 ステージⅣの副腎がんを患った瀬野章吾(田中圭)に、治験薬を投与してから2年後。主人公・葵みどり(石原)は萬津総合病院を離れ、系列の産婦人科医院で働いていた。ある日、産婦人科医院にてんかんの既往を持つ妊婦・向坂千歳(土村芳)が、お腹を打ったとのことで運ばれてくる。みどりが抗てんかん薬をきちんと服用しているか尋ねると、千歳より先に母・世津子(朝加真由美)が「飲んでますよ」と食い気味に答えた。

 しかし数日後、千歳と同室に入院していた星名優(入山法子)は、千歳が抗てんかん薬を捨てているのを目撃する。報告を受けたみどりは千歳に理由を訪ねると、「抗てんかん薬を飲まなければ普通の妊婦になれる気がした」とのこと。千歳は幼い頃にてんかんが分かってから、世津子に「あなたは普通の子じゃないんだから」と行動を制限され続けており、それに負い目を感じてきた。秘めた思いを打ち明けた千歳は、「出産は、自分のためじゃなくて赤ちゃんのためですよね」とみどりに諭され、抗てんかん薬の服用を再開したのであった。

 そんな様子を見ていた産婦人科医院の仲間たちは、みどりに「あなたは優秀な薬剤師だから、大きな病院でもっと多くの患者さんを診るべき」と伝える。返答に困っていたところ、そこに瀬野がやってくる。現在、瀬野はリハビリを経て復帰を目前に控えているという。瀬野に今後について尋ねられたみどりは「ここでもっと勉強して、さおりさん(瀬野の母)のような薬剤師に近づけたら戻ります」と宣言した。

 エンディングで映されたのは、それから数年後の萬津総合病院薬剤部。瀬野は小野塚綾(成田凌)とともに救急センターに立っていた。一方調剤室では、部長の飯田聡子(真矢ミキ)が薬剤部へのAI導入決定を発表。メンバーが喜ぶなか、羽倉龍之介(井之脇海)と結婚して出産した工藤虹子(金澤美穂)が子どもを連れてやってくる。子どもの愛くるしさに薬剤部が盛り上がっていると、病棟からみどりが戻ってきたのであった。

 放送終了後、ネットでは「素敵な終わり方……泣けました」「本当に良いドラマだった」「終わっちゃうのが寂しい」など、絶賛する声が殺到。また、「てんかん=倒れるだけじゃないよって伝えたところがよかった」「『薬止めたら普通の人になれるかも』っていうのは共感出来た」と、てんかんの描き方にも称賛の声が上がった。

 一方で「最後の展開カオスすぎ」「無理やりハッピーエンドに詰め込んでる感じがすごい嫌だった……」「もっと薬剤部のメンバー一人ひとり掘り下げてほしかった」といった不満の声も。原作の魅力や薬剤師という職業をすべて伝えるには、少し時間が短すぎたのかもしれない。とはいえ、これまでスポットライトが当たらなかった薬剤師について、一般の人たちが知るきっかけになったのは確か。『アンサング・シンデレラ』を機に、きちんと薬と向き合う人が増えることを願うばかりだ。

■番組情報
木曜ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』
フジテレビ系/毎週木曜22:00~
出演:石原さとみ、田中圭、西野七瀬、真矢ミキ、成田凌、 桜井ユキ、井之脇海、
金澤美穂、迫田孝也、池田鉄洋、でんでん ほか
原作:荒井ママレ
脚本:黒岩勉
演出:田中亮、相沢秀幸
音楽:信澤宣明
プロデュース:野田悠介
制作著作:フジテレビ第一制作室
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/unsung/

早乙女りこ(ライター)

東京生まれ神奈川育ちのフリーライター。映画・ドラマはジャンル問わず幅広く鑑賞しており、物語の展開を予想したり、役者の演技を複数作品で見比べたりすることが趣味。

さおとめりこ

最終更新:2020/09/25 15:55
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed