日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 北乃きいへの今田の反応が物議

北乃きい『アナザースカイⅡ』仕事観を告白もMC今田耕司の反応が物議「時代錯誤」「気持ち悪い」

文=日刊サイゾー

北乃きい

 10月2日放送の紀行バラエティ番組『アナザースカイⅡ』(日本テレビ系)に女優の北乃きいがゲスト出演した。女性MCの女優・広瀬アリスとは先輩後輩の仲で、かつては寮の同じ部屋で生活していたことなども明かされた。

 北乃が番組で訪れたのは小樽。北乃主演で話題になった映画『ハルフウェイ』の舞台にもなった場所で、ロケ地をめぐりながら当時の思い出話などを話していた。また、北乃といえば女優のほか、歌手、モデル、情報番組のMCと多彩な活動を行っているが、北乃は「マルチと言われる活動をさせていただいてると、周りからは『なんでも中途半端』みたいな感じで思われることがあった」と告白。

 しかし、25歳のときにダンスや芝居の勉強のためニューヨークに留学に行った際、「エンターテイナーってどんなこともできるのがエンターテイナーだと思って。俳優さんだけどいろんなことができる、そういうのが日本では色々やると中途半端って言われたりするけど、でもそういう人がいてもいいじゃんって思えるようになって」と考えが変わったことを明かしていた。

 そんな深い話も多く飛び出しただけに、視聴者からは『いろいろ考えてるんだな』『中途半端って言われたからこそ仕事の仕方見つめ直すってすごい』という声が集まっていたが、MCのお笑いタレント・今田耕司のある発言が物議を醸している。

「10代から活躍している北乃ですが、来年の3月には30歳になると知ると、スタジオトークで今田は驚愕。『次30!?完全に俺の射程範囲やんか!』と言い、『子どもや、思ってたら……嫁候補!嫁候補!』と興奮気味になっていました。

 また、北乃が『今田さんも変わらない』と指摘すると、今田は『こっちは老けたよ、ちゃんと』と返しつつ、北乃のビジュアルの若さを『いいもん持ってるよ! 石田ゆり子さんになれるよ!』と奇跡のアラフィフと呼ばれている女優の石田ゆり子に例え、『次行ける! 今ですら奇跡の30歳』と絶賛していました。

 しかし、この今田の興奮ぶりに視聴者からは、『若いって言いながら嫁候補! って騒ぐの気持ち悪い』『ゲストの女性に対して嫁候補は時代錯誤としか思えない』『はしゃぎっぷりに引いた』といった声が殺到していました」(芸能ライター)

 北乃の仕事に対する想いを存分に聞くことができる回であっただけに、“嫁”という言葉を使いはしゃぐ今田の姿に困惑した視聴者もいたようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/05 06:00

北乃きい『アナザースカイⅡ』仕事観を告白もMC今田耕司の反応が物議「時代錯誤」「気持ち悪い」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

前田日明と「リングス」の曳航(3)

【「天涯の標」Vol.1はこちら】 【「天涯の標」Vol.2はこちら】 世界中にネ...
写真