日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 郷ひろみ、ジャニーズ退所初告白

郷ひろみ『金スマ』でジャニーズ退所経緯を初告白に「中居くんだから引き出せた」の声

中居正広

 10月9日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で、歌手の郷ひろみがはじめてジャニーズ事務所退所について言及し、話題になっている。

 ジャニーズ事務所の創立者・ジャニー喜多川氏(享年87)に見いだされ、スターとなった郷。しかし、デビューから3年で突如ジャニーズ事務所を退所し、バーニングプロダクションに移籍。その移籍の経緯については長い間さまざまな憶測が飛び交い、郷自身、これまでテレビの前でジャニーズ事務所の話はほとんどしてこなかったものの、同じジャニーズ事務所出身の後輩である中居正広の前でその理由がはじめて明かされることになった。

 この日、郷はジャニー氏について、「やはり、ジャニーさんに教わったことというのは、どこか父親のように厳しかった」「ジャニーさんもメリーさんも僕に対して愛情があるからこそ、厳しく、厳しく育てたんじゃないかな」と告白。

 実はこの直前のVTRで流れたジャニーズ時代の郷の待遇については他のタレントとは別格で、合宿所でも、他のタレントが普通の食事を摂っている中、郷だけはジャニー氏と同じメニューでひとりだけステーキを食べることもしばしば。かなり格差があり、贔屓されていたというが、その反面、レッスンでは誰よりも厳しく対応されていたということが明らかになっていた。

 郷はジャニー氏が厳しかったことについて、「今は分かるんですよ……。当時は分からなかったのかな」と厳しくすることでトップスターに育てようとするジャニー氏の気持ちがいまは理解できるものの、当時は若さゆえか気づけなかったという。中居から「怖かったですか?」と聞かれると、郷は「僕、褒められたことがないので。『また言われるんだろうな、今日も』って」と怒鳴ったりなどはないものの、レッスン前に憂鬱になるほど厳しかったと明かした。

「その後、郷は移籍の詳しい経緯について、『きっと僕自身、今後は次のステップに向かう時なんだろうな、僕はもっとやればできるんだろうな、って』と自身のステップアップのためだったといい、ジャニー氏とはまた別のところで成長していきたいという思いがあったことを明かしていました。はじめて明かされたこの思いにジャニーズファンからは、『ジャニーさんの強烈な愛情は郷さんはプレッシャーだったのかもしれないな』『でもいまの郷ひろみがいるのはジャニーさんのおかげだってあらためて感じた』『中居くんだからこそ引き出せた話なんだろうな』といった声が。レジェンドのはじめての告白に大きな反響が集まっていました」(芸能ライター)

 衝撃移籍から半世紀弱も経ったからこそ、真相が明らかになったのかもしれない。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/10/13 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed