日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 『帰れマンデー』に呆れ声続出

『帰れマンデー』再放送&新企画に視聴者から呆れ声「丸パクリ」「もう終了でいい」

サンドウィッチマン

 10月12日に放送された『帰れマンデー見っけ隊‼』(テレビ朝日系)の内容を巡り、ネット上で「新企画って言ってるけど、ほかの番組の丸パクリな感じじゃない?」「やることないなら、もう終了でいいよ」と物議を醸している。

 同番組は、タカアンドトシやサンドウィッチマンがゲストと一緒に“秘境グルメ”を求めてバスや電車に乗る旅番組だ。しかし、新型コロナウイルスの影響で今年5月頃からは新しいロケができず、過去の再放送を流しスタジオでタカアンドトシやサンドウィッチマンが振り返るという内容に切り替わっている。

「苦肉の策として『名作SP』や『伝説回』などと題して再放送を続けている同番組ですが、ネット上ではかなり不評です。安定した視聴率を誇っている人気番組ですが、新しい土地を巡っていくことが面白い旅番組を繰り返し見たいと思う人はそんなにいないということでしょう。視聴者からは『いつまで過去のものでごまかすの?さすがに2回目となると面白くない』『いい加減、新しいロケが見たい。もう飽きた』『やることがないなら、打ち切りにすべき』と厳しい声が飛び交っています」(芸能ライター)

 一方、前回からスタートした新企画「東京同ポジ散歩」も一部から「丸パクリ」と疑惑の声が噴出している。

「新企画は、バブル時代の映像を見て“撮影された場所と全く同じ場所=同ポジ”を探すという内容なんですが、一部で『他番組でもやってた事を丸パクリな感じでガッカリ』と物議を醸しているんです。というのも、関西テレビで放送されている夕方の情報ワイド番組『報道ランナー』で、お笑い芸人である矢野・兵動の兵動大樹が昔の写真を手に関西の街の今と昔を比べながら散策する“兵動大樹の今昔さんぽ”というコーナーがあるのですが、今回の新企画が『同ポジって今昔さんぽのパクリだろ』とネット上で指摘されています。

また、初回はYouTuberのフワちゃん、2回目となる今回はモデル“めるる”こと生見愛瑠がタカアンドトシと一緒に同ポジを探す旅に出たのですが、『フワちゃんがうるさすぎる』『めるるって子漢字も読めないの?』といった不満も続出。“バブル時代の映像と見比べる”という企画なため若い世代をゲストに招いたのでしょうが、視聴者層には受け入れられなかったようです」(同)

 同番組は、『クイズプレゼンバラエティーQさま‼』、『10万円でできるかな』と合体し、3時間を2つの番組で回す“持ち回り制”をとっている。再放送やパクリ疑惑のある新企画を放送するなら、ほかの番組を見たいというのが視聴者の本音なのかもしれない。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/10/14 06:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|テレビ・エンタメ・お笑い・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

秋ドラマ後半戦! 視聴率、忖度なし全話レビュー更新

『下剋上球児』『ONE DAY』『ブラックファミリア』…最新情報
写真
インタビュー

難関のFP1級を目指すサバンナ八木の夢

 続く物価上昇に給料アップは追いつかず、個人...…
写真
人気連載

ビートたけしは有吉が嫌い!?

 年末恒例の『NHK紅白歌合戦』。今年は、故...…
写真
イチオシ記事

ランジャタイ、その夢のあとさき

 毎年、さまざまなドラマが語られる『M-1』ラストイヤー組。その中でも昨年、注目を集めたのがランジャタイだった。  特に“黒ずくめのおかっぱ”伊藤...…
写真