日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > バラエティ番組からグラドルが消えた理由

みちょぱ、ニコルの台頭でバラエティ番組からグラビアアイドルが消えた? セクシーを売り物にできない時代性も影響か

文=日刊サイゾー

みちょぱ、ニコルの台頭でバラエティ番組からグラビアアイドルが消えた? セクシーを売り物にできない時代性も影響かの画像1
インスタグラム;藤田ニコル(@2525nicole2)

 近年のバラエティ番組において、重要な役割を担っているのが、みちょぱ(池田美優)や藤田ニコルなど、モデル出身のタレントたちだ。高いコメント力と若者らしい視点で、お笑い系の番組はもちろん、情報番組などでも重宝されている。

「ボケ、ツッコミという部分だけでなく、“裏回し”を任されることも多いのが、最近の女性タレントですね。彼女たちは単純に“番組に華を添える”という役割だけでは収まらない“軸”となっています」(テレビ誌記者)

 そんなモデル出身タレントたちの台頭の裏で、活躍の場を奪われているのがグラビアアイドルたちだ。

「10年~15年くらい前であれば、グラビアで人気が出た女性タレントがバラエティ番組に進出して、そのままブレイクするというパターンが基本でした。しかし、最近は女性タレントを起用するにしてもグラビア系は避けられることが多い。セクシー要素やスタイルの良さを売りにするグラビアアイドルは特に難しいです」

 そう話すのは、バラエティ番組に携わる制作会社関係者だ。昨今のテレビ界では、女性芸人の容姿イジリを避ける傾向にあるが、グラビアアイドルについても同様のことが言えるという。

「単純に性的な表現を自主規制しているというだけの話ではありません。“女性を容姿で判断する”というような表現そのものが減っているということ。たとえば、“Gカップアイドル”みたいな異名を付けられてグラビアで人気を得ているアイドルでも、テレビに出るときはそのフレーズは使いづらい。制作サイドとしては、ルックスやセクシーさをピックアップできないなら、わざわざグラビアアイドルを使う理由もないか……と、結局避けてしまうんです。アイドルを起用する場合も、セクシー要素をできるだけ排除することが多い。だから、制服衣装で出られる坂道シリーズのメンバーは使いやすいんです」(前出・制作会社関係者)

 もはや“グラビアからバラエティ番組へ”というルートは使えなくなりつつあるのだ。

「みちょぱや藤田ニコルの存在もあって、“バラエティではグラビア系よりもモデル系のほうが使える”という共通認識も出来上がっている。バラエティの世界には、グラビアアイドルの席はほとんど残っていないのが現状です。

 逆に言えばむしろ“グラビアからバラエティ”ではなく、“グラビアから女優”というパターンを狙う芸能事務所が多いような気もします。それこそ吉岡里帆のように、グラビアで火がついて女優でブレイクするパターンもありますからね」(同)

 グラビアアイドルという職業の位置づけは変容してきているようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/10/15 14:00

みちょぱ、ニコルの台頭でバラエティ番組からグラビアアイドルが消えた? セクシーを売り物にできない時代性も影響かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

矢部太郎が振り返る絵本作家の父

 アパートの大家さんとの交流を描き、シリーズ120万部を突破した『大家さんと僕』で、...
写真