日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 日暮里で駄菓子屋を営む男性の後悔

『家、ついて行ってイイですか?』日暮里で駄菓子屋を営む独身男性の後悔「いつもここで子どもたちを待ってるんです」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『家、ついて行ってイイですか?』日暮里で駄菓子屋を営む独身男性の後悔「いつもここで子どもたちを待ってるんです」の画像1
『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)

 前回放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系)は、「逆境に負けず! 明るく生きる人たち2時間SP」。特に印象深かったのは、幸せな家庭を築けなかった男性と、人も羨む幸福を手に入れた一家の対比だ。

【日暮里】駄菓子屋営業は“道楽”と言い切る男性の後悔

 日暮里の駄菓子問屋でスタッフが声を掛けたのは、千葉県市川市在住の68歳の独身男性。大量の駄菓子を買い漁る彼に「なんでそんなに買うんですか?」と質問すると「駄菓子屋やってます」とのことだ。子どもたちが学校から帰ってくる午後2時に店を開けるらしい。ちなみに、彼が駄菓子屋を始めたのは5年前からである。

「(店を始めた理由は)色々あって」(男性)

 まずは、男性のお宅にお邪魔することにした。独身と聞いていたが、到着すると彼が住むのは立派な一軒家だと判明する。それだけじゃない。玄関を出てすぐ隣の扉を開けると、そこは別世界! 完全に駄菓子屋になっているのだ。男性がDIYで完成させたこの手作り店舗は、自宅とそのまま繋がっていた。

「いつもここで子どもたちを待ってるんです」(男性)

 さあ、もうすぐ開店時間。しかし、今日び駄菓子屋に子どもがやって来るのだろうか? ……と思っていたら、本当にぞろぞろとやって来た。こういう店が近所にあったら、確かに楽しいと思う。最近はスーパーかコンビニのお菓子コーナーくらいしかないし、貴重な空間だ。

 あと、買い物した後に「ありがとうございました」とひと声かけていく子どもたちがいい。品があるというか、マナーが良いのだ。そして、店主を務める男性の雰囲気も良かった。ほんわかした口調で「ありがとね。車に気をつけてよ」と言葉をかけ、一連のコミュニケーションで礼儀を教えているのだと伝わってくる。

「『親に怒られた。おじさん、2時間くらいここにいていい?』っていう子もいるし。でも、やっぱり5時になったら『帰りなさい』って。翌日また来て『お母さんと仲良しになったよ』っていう子もいるし『またやっちゃったよ』っていう子もいるし。本当に楽しいですよ」(男性)
 
 子どもは大人の人間性を見抜く。この男性は信用に足る人だと子どもたちから認められたのだろう。

 彼の自宅の2階にお邪魔すると、なぜか大量に置いてあるブルーベリーをスタッフは発見する。これらは市場で分けてもらうらしい。でも、なぜそんな頻繁に市場へ行く機会があるのか?

「毎日、(市場で)仕事してる。スーパーへの配達業務、朝7軒配達する」(男性)

 午前3~9時は市場の配達で、午後2~5時は駄菓子屋を開く。そんな目まぐるしい生活サイクルを男性は送っているそうだ。駄菓子屋だけでは決して生活できない。

「(駄菓子屋で利益は)出ない。道楽。(利益は)日暮里に仕入れに行くときの交通費くらいだろ」

 お店は子どもたちと触れ合うための道楽だと、彼は断言した。男性には子どもたちと触れ合いたい理由があるらしい。実は、彼は30年前まで定食屋を営んでいた。そのお店を閉めた原因が全ての始まりである。

男性 「離婚で店を開けたり閉めたりしたんですよ。裁判所行ったり、向こうの親に会いに行ったり。それでお客さんに逃げられちゃったの」

――離婚の理由ってお伺いしてもいいですか?

男性 「……子どもができなかった。店が面白かったから、お客さんに飲まされちゃうじゃん。そうすると夜ダメ。子どもできないのが彼女にしては面白くないわけ。それが不満で、溜まって溜まって向こうの気持ちが冷めちゃってね。実家のほうに帰っちゃった。『もう少し相手にしてほしかったなあ』なんて最後に言われちゃった。もう少し、女の心理がわかってればね。俺がもう少し、嫁さんのほうを見てたら……。悔いはありますね、どうしても残ってますね」

 つまり、奥さんとセックスレスになったということ。妻よりお客さんとの付き合いを男性は優先した。子どもがいなくても仲のいい夫婦は多いが、夫がちゃんと妻を見ているかとは別次元の話だ。

男性 「子どもいないから、こうやって駄菓子屋やりましたね。1人で寂しいからさ。やっぱり今思うと、子どもいたほうが良かったよねえ」

――もしお子さんがいらっしゃったら、この駄菓子屋はやってなかったと思います?

男性 「うん、やってない。1人だから好きなことやってるって感じ」

 男性は駄菓子屋を「道楽」と言い切った。本音なのだろう。

「こうやって子ども来るなら、俺は別にそれでいい。子どもと毎日、元気に会える」(男性)

 貴重な子どもの溜まり場となったこの駄菓子屋は、男性にとって道楽だ。仕事を優先し、子どもを儲けなかった過去への後悔が根源にある。激務に負けず駄菓子屋を続けるモチベーションを紐解くと、そこには孤独に彩られた人生があった。

12

『家、ついて行ってイイですか?』日暮里で駄菓子屋を営む独身男性の後悔「いつもここで子どもたちを待ってるんです」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

『踊る大捜査線』亀山Pが映画電撃復帰!

 興収101,5億円を記録した映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』(98)、...
写真