日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 須田亜香里の急な毒舌にドン引き

炎上商法に失敗!? 須田亜香里『さんま御殿』での唐突な毒舌に視聴者がドン引き

文=日刊サイゾー

須田亜香里オフィシャルサイトより

 SKE48の須田亜香里が11月17日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。お笑いコンビ・オアシズに放ったある暴言が物議を醸している。

 この日のテーマは「名古屋vs福岡vs大阪 ローカル都市ナンバー1対決」となっており、名古屋出身の須田もローカルトークなどを繰り広げていた。そんな中、「できれば隠しておきたい地元の恥ずかしい部分」というトークテーマで話を振られた須田は、「名古屋はブスが多い」というかつて囁かれていた言葉を持ち出し、「でも名古屋、綺麗な人も可愛い人も今いっぱいいるんですよ」と主張しつつ、「私もグループやってると可愛い子もいるのにって結構悔しい思いをすることが多いんです。それって多分、全国区で活躍されてるこういったオアシズさんとかが名古屋を名乗って活躍されてるから『やっぱり 名古屋って……』みたいになると思うんですよ」と唐突にオアシズを攻撃し始めた。

 オアシズのふたりはこの突然の言葉に困惑していたが、須田は止まらず、「私、風評被害受けてます」「アイドルなのにブスって言われるんですよ」と言い続け、最終的には「かみ砕いて言うと、オアシズさんはブス」と断言。その後、光浦靖子が「私、目悪いんですよ。あなたと大久保さんなんか一緒に見えますよ」と反撃し、大久保佳代子も「私から見たらちょい下ですよ」とイジり返しており、須田は「私が 大久保さんよりちょい下ですか!?」と大騒ぎしていた。

 この須田の唐突な暴言に視聴者からは、「このご時世、女芸人さんに対してブスっていじる芸風はダサい」「炎上商法に芸人利用したのかもしれないけど、突然すぎてスベってた」「ブスイジりで笑い取ろうとするって安直でしかない」といった声が集まっている。

「実は須田、この直前にもMCの明石家さんまが名古屋で食べた卵とじのラーメンがおいしかったと話している際、『萬珍軒かな』と話に入ってきたものの、直後さんまが『すっごいおいしかったの覚えてる。それ萬珍軒か』と話を振ると須田は『分かんないです。どこに行ってたんですか?』となぜか意見を変える場面もありました。総選挙2位という肩書も薄くなり、バラエティ番組への出演も少なくなってきた今、新しいキャラを印象づけたかったのかもしれませんが、集まったのはドン引きの声ばかりという結果になってしまいました」(芸能ライター)

 新しいキャラへの印象づけは失敗してしまったかもしれない!?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/19 08:00

炎上商法に失敗!? 須田亜香里『さんま御殿』での唐突な毒舌に視聴者がドン引きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

女性の意識の変化を描いた小津安二郎

ドラマ『チャンネルはそのまま!』(HTB)や...…
写真
インタビュー

Mr.都市伝説・関暁夫が熱弁!

 累計300万部を突破した大人気シリーズ「Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説」の最新作...
写真