日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 『THE W』がスポンサー集めに苦戦?

ゆりやんに3時のヒロイン、実力者が再登板の人材不足…女芸人決定戦『THE W』がスポンサー集めに苦戦!?

ゆりやんに3時のヒロイン、実力者が再登板の人材不足…女芸人決定戦『THE W』がスポンサー集めに苦戦!?の画像1
日テレ『THE W』ウェブサイトより

 2017年から始まった女芸人ナンバーワン決定戦『THE W 2020』(日本テレビ系)。今年も12月14日に決勝戦が行われるが、運営を巡っては漫才日本一決定戦『M-1グランプリ』と違い、苦戦を強いられているという。

 ピン芸人の『R-1ぐらんぷり』(カンテレ制作/フジテレビ系)や『キングオブコント』(TBS系)などお笑い芸人の賞レースの1つとして作られた『W』は女性芸人だけが参加できる構成。プロアマ、年齢、芸歴などは一切不問で、間口は広く開けられている。だが、先に述べたほかの賞レースに比べて「かなり苦戦しているのが実情」とお笑い関係者が明かす。なぜなのか。

「まずはSDGsやLGBTQに代表されるように、ジェンダーについて平等に扱う流れが時代の流れとしてある中で『W』は敢えて女性限定と銘打っていることに、スポンサー筋からのウケがあまりよろしくない。現在も優勝賞金が1000万円に加えて、副賞が日テレの計11番組への出演権利にとどまっているのは、こうした理由が大きい。スポンサー賛同が得られない中で大会、番組制作を続けていいのかという話も根強くあります」(同)

 さりとて、そう簡単に番組を閉じることもできない事情があるという。

「元々、この企画は吉本興業の仕切りで始まり、日テレ側に売り込んだ企画。お笑い賞レースをやっていなかった日テレに、焦点を当ててしまったというのが実情です。吉本サイドも『優勝して芸人が売れたら恩返しする』といった口約束的なものはあるものの、それが保証されているわけでもない。今年も決勝には10組が進出を決めましたが、第1回優勝者のゆりやんレトリィバァや、2019年の優勝者の3時のヒロインと同じトリオのぼる塾が選ばれるなど、明らかに人材不足。これでは盛り上がりにも欠けてしまう」(同)

 過去3回の視聴率は関東地区でいずれも2ケタ超えを記録しているというが、やはりテレビ番組の制作はスポンサー依存。4回目となる今回は正念場となるかもしれない。

最終更新:2020/11/30 14:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真