日刊サイゾー トップ > 芸能  >  渡部建記者会見で佐々木希も道連れ…

渡部建、遅すぎた記者会見で佐々木希も道連れに…なぜか得をしたのは杏!?

文=小林真一(こばやし・しんいち)

渡部建、遅すぎた記者会見で佐々木希も道連れに…なぜか得をしたのは杏!?の画像1
ピンチ。(写真/GettyImagesより)

 驚愕の不倫騒動で芸能界引退寸前にまで追い込まれている渡部建。このほど、謝罪のための記者会見を開いたが、これによってむしろ復帰が絶望的な状況に陥っている。

「マスコミからしたらネタが出来て嬉しかったのですが、取り扱い方が難しかったです。あまりに渡部を攻撃しても、世間からバッシングを受ける可能性があるので、テレビ局の取材陣は質問に苦慮していました。案の定、渡部に突っ込んで取材した女性レポーターはSNSでバッシングされました。大物芸能人の場合は、電通などのPR会社が間に入って謝罪記者会見をすることが多いのですが、今回は事務所主導で行ったため上手くマスコミをコントロールできなかった。結果として、マイナスにしかならなく、復帰はさらに遠のいてしまった」(週刊誌記者談)

 しかも、今回の記者会見が日テレ『ガキの使いやあらへんで!』の年末特番『笑ってはいけない』シリーズに出演をするための、緊急的なものだったのも反感を買った。

「日テレの取材陣は会見を丸く収まるようにせよ、と上層部から言われていたようですが、それを知っている週刊誌やスポーツ紙の記者はわざと意地悪な質問をして、会見を長びかせ場を荒らしていました。結果として、今回の記者会見は大荒れ、『笑ってはいけない~』の出演はお蔵入りになる方向だそうです」(民放関係者談)

 墓穴をほった記者会見となってしまったが、そんな中でも得をした芸能人がいるという。

「今回の記者会見で、渡部を許した佐々木希にもマイナス効果が出ました。大手広告代理店が、佐々木希に対してタレントのパワーランクを落としたようで、仕事にも支障が出ることが予想される。そんな中で、特をしたと言われるのが杏です」(民放関係者談)

 なぜここではいっさい関係のない杏が、得をしたのか? そこには、不倫された側の事情が関係してきているという。

「杏は謝罪会見をした元夫の東出昌大を一刀両断し、すぐに離婚しました。杏の怒りは相当なもので、いまだに子供を東出に会わせていないようです。そういった姿勢が、芸能人の離婚が多くなっている昨今で女性からの支持を集めています。逆に、佐々木希はこんなだめな旦那を許しているという優柔不断さをSNSなどでバッシングされ始めている。渡部が大人しくしていれば、佐々木も好感度を落とさなくて済んだかもしれませんが、中途半端な記者会見をしてしまったことで、佐々木の苦労も水の泡です」(週刊誌記者談)

 さらに、杏の最近の行動も話題となったことが大きいという。

「杏は仕事を再開して、ドラマなどの撮影と育児を一人で両立させていることが女性週刊誌で称賛されたことが注目されている。コロナで自分の人生を考える人が多くなった中で、もがき頑張る杏の姿に好感度はうなぎのぼりです。来年以降のCM出演の問い合わせも最も多いようで、完全に杏バブルが到来しています。自分の道を進んでいる杏と、だめ旦那をコントロール出来ない佐々木希に決定的な差が出ました」(民放関係者談)

 杏と佐々木希、同じ事務所に所属する2人だが、明暗が分かれてしまったようだ。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2020/12/06 21:00

渡部建、遅すぎた記者会見で佐々木希も道連れに…なぜか得をしたのは杏!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真