日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 清野菜名、『耳をすませば』はイメージと違う!?

清野菜名、イメージと違う!?実写版『耳をすませば』出演で炎上危機

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

清野菜名、イメージと違う!?実写版『耳をすませば』出演で炎上危機の画像1
写真/GettyImagesより

 2011年と14年に嵐・櫻井翔と宮崎あおいのタッグで大ヒットとなった映画『神様のカルテ』。原作はシリーズ累計330万部を超えるベストセラー小説の同作が、21年1月に今度はテレビ東京のドラマスペシャルで放送されることがわかった。福士蒼汰が主演し、清野菜名が妻役を演じるという。

 しかし、ネット上では前作の映画のイメージが強いようで、「作品の繊細なイメージと2人とも違う……」「宮崎あおいはぴったりだったんだよな~、清野は違和感」という声があがっているという。

「福士といえばドラマにせよ、映画にせよ、このところ出演作の評価に関しては、ほぼ聞こえてこない有様です。10月期に放送されたラマ『DIVER-特殊潜入班-』(フジテレビ系)も平均視聴率6%台と燦燦たる結果だった。一方の清野は、生田斗真との結婚後初作品。彼女はアクション女優としては評価が高いのですが、本人はそのイメージが付くのを嫌がっていますからね。今回は、うまく主演の福士蒼汰をささえられるかが、求められています」(テレビ誌ライター)

 また、そんな清野には『神様のカルテ』以上に心配されている続編作品への出演も予定されているという。

「スタジオジブリのアニメ映画で、さまざまな世代に愛される『耳をすませば』が、清野&松坂桃李のW主演で実写映画化されることが発表されています。10月公開の予定がコロナにより4月にずれ込んでいるのですが、人妻の清野がピュアキャラの代名詞ともえる主人公の雫を演じるとあって、ジブリファンからは『なんでやねん』『これはやめてほしい』『夢が壊れる』と、キャスティングに疑問をもつ声があがっています」(映画ライター)

 人気原作の映像化については、原作ファンからのキャスティングに厳しい声が挙がるのはよくあること。さらに、かつてのヒット作の続編を別の役者が演じるのにも、同様の高いリスクがつきまとう。役者として評価も高い清野だが、この呪縛をはねのけられるだろうか?

最終更新:2020/12/08 17:00

清野菜名、イメージと違う!?実写版『耳をすませば』出演で炎上危機のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

Mr.都市伝説・関暁夫が熱弁!

 累計300万部を突破した大人気シリーズ「Mr.都市伝説 関暁夫の都市伝説」の最新作...
写真