日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > さらば青春の光、コロナ渦で超売れっ子に

さらば青春の光、コロナ禍がまさかの追い風になった? レギュラー10本以上の超売れっ子に

文=日刊サイゾー

さらば青春の光、コロナ禍がまさかの追い風になった? レギュラー10本以上の超売れっ子にの画像1
さらば青春の光公式サイトより

 2020年のお笑い界は、“お笑い第7世代”が大きく目立った1年だったが、その裏でひっそりとブレイクを果たしているのが、“お笑い第6.5世代”のさらば青春の光だ。

 現在、さらば青春の光のテレビレギュラー番組は、コンビと森田哲矢ピンの両方を合わせて週に7本。そのほか、ラジオ番組やネット番組、不定期番組などもあり、10本以上のレギュラーを抱えることとなる。

「地方局や深夜番組がほとんどですが、それでも7本のレギュラーというのはとんでもない数字。しかもMCを務めることが多く、ゲスト出演が多い第7世代の芸人よりも確実にテレビ界における信用を得ているということです」(テレビ局関係者)

 さらに、TBS系『水曜日のダウンタウン』には毎週のようにロケで登場、日本テレビ系『ダウンタウンDX』では森田が準レギュラーとなっており、プライムタイムでの活躍も目立っている。

 どうして、さらば青春の光がここまで重宝されているのだろうか。

「芸人としての力量があるのはもちろんですが、個人事務所なのでとにかくフットワークが軽く、スケジュールが押さえやすい。制作側からすればオファーしやすく、番組の企画の自由度も高まるんです。まさに使い勝手がいい芸人なんです」(同)

 そして特筆すべきは、さらば青春の光のレギュラー番組の多くが、今年の夏以降に始まっているということだ。

「新型コロナウイルスの影響で春以降、多くの芸人が仕事を失いました。個人事務所のさらばにとっては本当に深刻で、単独ライブの全国ツアーも中止になり、かなり危機的な状況になりそうだったといいます。ただ、そこでフットワークが軽いさらばは、一気にメディア露出へシフトすることができた。劇場に縛られない活動ができるからこそ、コロナ禍でいい仕事が舞い込んできたのでしょう」(芸能事務所関係者)

 業界内では信頼を得ているさらばだが、“世間的な人気”がイマイチだという声も多い。

「こんなに売れっ子になってきた割りにはなかなか好感度が追いついてない様子(苦笑)。売れ方としてはサンドウィッチマンにも近いので、あそこまで好感度が上がっていけば完璧なんですけどね。もうちょっとテレビに出続けて、少しずつお茶の間の支持を得ていくしかないでしょうね」(同)

 一気に天下を獲るという感じではないものの、着実に頂上へ向かって階段を登っているさらば青春の光。数年後には、ゴールデンタイムで冠番組を持つなんていう展開もありえそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/13 10:00

さらば青春の光、コロナ禍がまさかの追い風になった? レギュラー10本以上の超売れっ子にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

ダイアン津田、大物女性歌手が親戚だった

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真