日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『ルパンの娘』は『HEAT』の二の舞か

『ルパンの娘』最終回、前作より視聴率5%ダウンの爆死! 映画化発表を早まった『HEAT』の二の舞か

文=日刊サイゾー

『ルパンの娘』最終回、前作より視聴率5%ダウンの爆死! 映画化発表を早まった『HEAT』の二の舞かの画像1
公式サイトより

 深田恭子主演のドラマ『ルパンの娘』が10日に最終回を迎えた。本作は2019年に放送された第1シリーズの続編だが、最終回は世帯視聴率4.8%という苦しい数字に着地。第1シリーズの最終回9.8%から5%ダウンという爆死ぶりだ。

「シーズン1も視聴率はそこまで良くなかったんですが、なにせSNSなどネットでの反応はよかったんです。フジテレビもネットウケを考慮して続編放送を決めたはず。しかし、今回は回を重ねるごとに数字が落ちていき、最終回が一番最低な結果に。ネット上での反応もシーズン1に比べると、盛り上がりに欠けた印象です。ファンからですら、『前回のほうが面白かった』という声が多いですね」(テレビ誌ライター)

 シーズン1で掴んだ視聴者すら離れてしまった本作だが、実はすでに映画化が発表されている。シーズン2の制作が決定した時点で映画になることも決まっていたといい、「後戻りはできない」状態になってしまったがゆえに、ヒットの見込めない映画に予算を割かなくてはいけないフジテレビにはご愁傷様としか言いようがない。

 フジといえば以前にもドラマ制作と同時に映画化を発表したものの、視聴率でズッコケて制作中止を余儀なくされた作品がある。

「2015年の伝説的ドラマ『HEAT』のことですね(笑)。EXILEのAKIRAや当時SMAPだった稲垣吾郎が出演したドラマですが、スタート前すでに続編映画の制作が発表されていた。しかし、途中で2.8%という前代未聞の視聴率を叩き出し、映画化の話も白紙になってしまった。当時フジテレビのスタッフ連中は、映画制作の発表なんかしなきゃ良かったと頭を抱えていましたよ。『ルパンの娘』もこの視聴率で映画化はかなり厳しい。深田の事務所は大手のホリプロだから、映画化が白紙になるなんてことはないと思いますが……。しかし、映画制作発表は時期尚早だったかもしれないですね」(テレビ局スタッフ)

 視聴率爆死という結果を受けて、スタッフも役者たちも映画制作のモチベーションが保てるのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/12 13:00

『ルパンの娘』最終回、前作より視聴率5%ダウンの爆死! 映画化発表を早まった『HEAT』の二の舞かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真