日刊サイゾー トップ > 芸能  > 渡部会見不手際で芸人が事務所に不信感!?

おぎやはぎ、アンタッチャブルも…!? 渡部会見不手際で所属芸人が事務所に不信感?

文=小林真一(こばやし・しんいち)

おぎやはぎ、アンタッチャブルも…!? 渡部会見不手際で芸人が事務所に不信感?の画像1
写真/GettyImgesより

 批判を集め復帰も白紙状態となった渡部建の謝罪会見。この会見は所属事務所である人力舎が取り仕切ったのだが、残念ながら報道陣からも不評をかってしまった。

「人力舎は多くの人気芸人を抱えていて、民放各社とも『仕事がしやすい事務所』として良好な付き合いをしているのですが、今回の記者会見に関しては仕切りが悪くてバッシングを受けました。特に、日テレの番組で渡部の復帰が決まっていた状態での会見だったので、他局はなぜ日テレをバックアップしなければいけないのかと、怒り心頭でしたね」(民放関係者談)

 渡部の会見の前に、日テレが他局とひと悶着を起こしていたことも原因としてあげられるという。

「日テレは裏で出資もして全面バックアップをしているNiziUの映像使用許可に関して、他局に厳しいルールを敷いています。ここまでNiziUの人気が高まると、他局も日テレのやり方に従うしかなくなっている現状です。中には過去の映像を使用する際に、日テレが出資しているHuluの宣伝も入れろと、無理難題を押し付けている例もある。こういった事もあって、渡部の会見もなぜ日テレに旨味を与えなければいけないのか、と不満が上がったんです」(民放関係者談)

 そんな渡部と所属事務所だが、外からだけでなく内部でも批判にさらされているとか。

「渡部が謹慎を始めたときは、おぎやはぎやアンタッチャブルなど同じ事務所の芸人は、テレビやラジオで渡部が復帰しやすいようにと要所でネタにして話題にしてきた。みな、渡部が努力をして今の地位を確立したことを知っていたから、復帰を後押ししようとしていたのです。でも、あの会見がひきがねとなって、不穏な空気が流れてしまっている様子。中には、あんな事になるなら、擁護するんじゃなかったという声も聞こえ始めている」(週刊誌記者談)

 結局は、事務所の調整不足が関与しているという。

「多くの芸人が、あの会見を開くことを直前まで知らなかったんですよ。しかも、日テレに肩入れするような会見だったことで、呆れてしまったようです。おぎやはぎなどは情報番組でコメントを求められる立場ということもあるので、きちんと説明をしない事務所のやり方に疑問を持ち始めた。また、アンタッチャブルの柴田も過去に女性トラブルを起こした際に復帰まで時間を要したので、今回の渡部との取り扱いの違いに不満があるとか」(民放関係者談)

 相方である児嶋に対しての行動にも、芸人から批判が集まっているという。

「児嶋は自身のユーチューブチャンネルで藤原紀香と離婚をしたことがある陣内智則をゲストに迎え『陣内さんが復帰の仕方について考えてくれたぞ』という動画をアップし話題になった。しかし、これを事務所の上層部が知らなかったようで、児嶋に説明を求め説教をしたようなんです。児嶋はもちろん渡部の理解者で復帰を後押ししようとしたのに、日テレとの調整がついていない状況で、この動画をなぜ配信したと事務側は激怒。このやり取りを見ていた芸人たちは、渡部ばかり肩を持つやり方に疑問をもっているそうです」(民放関係者談)

12

おぎやはぎ、アンタッチャブルも…!? 渡部会見不手際で所属芸人が事務所に不信感?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真