日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 菅首相の「ガース発言」に坂上ドン引き

菅首相の調子に乗った「ガースー挨拶」に坂上忍ドン引き…ネットでは賛否両論!?

菅首相の調子に乗った「ガースー挨拶」に坂上忍ドン引き…ネットでは賛否両論!?の画像1
坂上忍

 14日放送のフジテレビ『バイキングMORE』で、菅義偉首相が11日にインターネットの動画配信サイト『ニコニコ生放送』に出演し「ガースーです」と挨拶し、批判が殺到したことについて取り上げた。

「番組をご覧の皆さんに、メッセージをお願いします」と降られた菅首相が「皆さんこんにちはガースーです」と挨拶したことが紹介されると、MCで俳優の坂上忍は「単純にドン引きしましたけどね」とバッサリとこれを批判した。

 坂上はさらに「まあ、こんなのVTR作って、あそこまでこの言葉をフューチャーしなくちゃいけないのかって気もしますけど」としつつも「空気読めてない典型みたいになっちゃったんじゃない」とコメントし、タレントの松尾貴史に話を振った。

 松尾は“ガースー”のイントネーションが違うと指摘し、誰かの入れ知恵ではなく自分で考えた上での発言と推測。「ひょっとしたら、イメージアップになるかなと思って仰ったんだろうなって想像する」と語った。

 フリーアナウンサの高橋真麻は「(ネット記事で読んだときより)思ってたよりすべってなかったな」と、VTRでガースー発言を見た感想を言うと、坂上は失笑しながら「そーおー?」と疑問の声を上げた。高橋が「確かに医療従事者の方とか、今辛い思いをしている方が見たらどう思うかっていう想像力がちょっと足りなかったのかな? って思います」と続けると坂上は「そこの想像力欠けてて大丈夫ですか? ていうことなんじゃないの」と冷たく言い放った。

 たしかに調子に乗っておどけた印象を与える菅首相の今回のあいさつ、批判されてもやむなしな部分もあるだろう。坂上の指摘も、もっともだと言える。

 ただしネット上では、「ニコニコ寄りに自己紹介しただけでしょ」「ニコニコならがーすーでもええやん」「ネット番組だし、若者向けにしたんじゃないか」と、番組に合わせた自己紹介だったのではという声が上がっていた。

 またさらに、「こんなくだらない報道して恥ずかしくないの」「ガースー発言だけでこんだけ引っ張るのもおかしくない」「この発言を掘り下げるより他にあるんですけどね」など、ネット配信のあいさつひとつを取り上げて批判する「バイキング」に視聴者は“ドン引き”。「だったらそもそもとりあげるな」という、これまたもっともらしい発言も散見した。

 どうせ取り上げるなら、もっとクリティカルな“坂上節”を視聴者は求めているにちがいない。

最終更新:2020/12/14 22:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed