日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ファーストサマーウイカ、関西弁推しか標準語か!?

ファーストサマーウイカ、関西弁推しか標準語か…テレビ局関係者の見解は!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ファーストサマーウイカ、関西弁推しか標準語か…テレビ局関係者の見解は!?の画像1
所属事務所ウェブサイトより

 タレントのファーストサマーウイカが番組によって出身地の関西弁と標準語を巧みに使い分けていることを明かした。

 13日に放送された『クギズケ!』(読売テレビ)に出演。ウイカは「バイリンガルみたいな気持ちでやっている。今は家族とも標準語で話す」と報告。仕事の際はMCが関西出身かどうかや収録しているテレビ局によって使い分けているとも明かした。

 このようなテレビにおける芸能人の“しゃべり言葉”について、在京テレビ局関係者は「彼女自身が臨機応変にやれるのはそれだけ、対応能力が高いということ。ただ、それを今後、どう芸能人として生かしていくかでまた、変わってくると思う」と話す。

「在阪テレビの番組なら、やっぱり関西弁のほうがいいと思いますね。それは、関西出身者だと特に、地元を大事にしてないと勘違いされる可能性があるからです。在京テレビ局の番組では、MCより内容だと思いますね。情報番組のコメンテーターの場合は、庶民目線で展開していきたいなら関西弁のほうが、『本音を話している』と受け取る視聴者が多いのではないかと、判断する制作も多いかも。一方でサブMC的な立ち位置の場合、番組内でまわしを担当するなら目立たないほうがいいので、標準語のほうがいいですよね」(同)

 芸能人とて立ち回りは難しい中で、トーク番組での評価が高いウイカ。果たして今後、彼女から伝説のトークが生まれるのだろうか?

最終更新:2020/12/15 21:00

ファーストサマーウイカ、関西弁推しか標準語か…テレビ局関係者の見解は!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

菅総理、二階の「五輪やめる」発言に怒り心頭も…

今週の注目記事・第1位「小室圭さんのウソ証拠...…
写真
インタビュー

蝶野正洋が教えるコロナとマスクと熱中症

 プロレス界を代表する悪役(ヒール)として活躍、現在はアパレルブランド「ARISTR...
写真