日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ファーストサマーウイカ、関西弁推しか標準語か!?

ファーストサマーウイカ、関西弁推しか標準語か…テレビ局関係者の見解は!?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ファーストサマーウイカ、関西弁推しか標準語か…テレビ局関係者の見解は!?の画像1
所属事務所ウェブサイトより

 タレントのファーストサマーウイカが番組によって出身地の関西弁と標準語を巧みに使い分けていることを明かした。

 13日に放送された『クギズケ!』(読売テレビ)に出演。ウイカは「バイリンガルみたいな気持ちでやっている。今は家族とも標準語で話す」と報告。仕事の際はMCが関西出身かどうかや収録しているテレビ局によって使い分けているとも明かした。

 このようなテレビにおける芸能人の“しゃべり言葉”について、在京テレビ局関係者は「彼女自身が臨機応変にやれるのはそれだけ、対応能力が高いということ。ただ、それを今後、どう芸能人として生かしていくかでまた、変わってくると思う」と話す。

「在阪テレビの番組なら、やっぱり関西弁のほうがいいと思いますね。それは、関西出身者だと特に、地元を大事にしてないと勘違いされる可能性があるからです。在京テレビ局の番組では、MCより内容だと思いますね。情報番組のコメンテーターの場合は、庶民目線で展開していきたいなら関西弁のほうが、『本音を話している』と受け取る視聴者が多いのではないかと、判断する制作も多いかも。一方でサブMC的な立ち位置の場合、番組内でまわしを担当するなら目立たないほうがいいので、標準語のほうがいいですよね」(同)

 芸能人とて立ち回りは難しい中で、トーク番組での評価が高いウイカ。果たして今後、彼女から伝説のトークが生まれるのだろうか?

最終更新:2020/12/15 21:00

ファーストサマーウイカ、関西弁推しか標準語か…テレビ局関係者の見解は!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真