日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 長濱ねるにアイドルファンがまたブーイング

ただの自慢?長濱ねる、欅坂46時代の握手会発言にアイドルファンからブーイング

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ただの自慢?長濱ねる、欅坂46時代の握手会発言にアイドルファンからブーイングの画像1
長濱ねる(右から二番目)

 これは元メンバーたちへのマウンティング発言だった?

 12月15日、元欅坂46の長濱ねるが、『セブンルール』(フジテレビ系)に出演。番組で「人と比べない」というテーマになった際、長濱がグループ在籍時の握手会について言及する場面があった。

「長濱は『比べちゃうかもです』と切り出し、欅坂46時代には握手会ではファンが並ぶ列の量が全員に見えることで、ほかのメンバーと比較してしまう環境があったことを告白。長濱は『何がいけなくて、逆に何が良くて、とかが分からないので“どこを頑張ったらいいんだろう”っていうのはあった』と、どうやったら人気が出るのかわからず、悩んでいたことを打ち明けていました」(テレビ誌ライター)

 長濱の発言を聞いたタレントのYOUは「恐ろしい状況だよね」と同情し、劇作家の本谷有希子氏も「可視化できるんだ、自分の人気が」と驚いた様子だったが、アイドルファンからはブーイングが殺到。ネット上では「というか、この子がダントツでトップの人気だったろ」「一番並んでたやん」「底辺は複数人レーンでも余るんだぞ」と、総ツッコミとなった。

「握手会が残酷でメンバーがメンタルをやられることがあるのも間違いありませんが、長濱は在籍時、握手会では常に一番人気。卒業が決まった後の昨年3月の握手会のレーンは、長濱とそれ以外のメンバーに分けられ、深夜まで10時間ぶっ通しで握手し続ける異常事態となったこともあった。そんな長濱が人気の可視化に苦言を呈したのは、アイドルファンには自慢にしか聞こえなかったようですね」(エンタメ誌ライター)

 長濱といえば、卒業後にグループよりもロックバンドのボーカルとの交際を優先させていたことが発覚。しかし、破局したことで芸能界に復帰したとされている。そのため、「男に逃げた奴はみんな握手会にケチつけるな」とのアンチが顔をしかめるのも無理はないかもしれない。

最終更新:2020/12/18 23:00

ただの自慢?長濱ねる、欅坂46時代の握手会発言にアイドルファンからブーイングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真