日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 菅義偉首相、ついに鉄槌を…
週刊誌スクープ大賞

菅義偉首相、ついに鉄槌を…“政権批判”のNHKアナが降板の余波

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

菅義偉首相、ついに鉄槌を…政権批判のNHKアナが降板の余波の画像1
週刊文春12月24日号より

 今週の注目記事・第1位「『小室圭・佳代さん』に『美智子さま』からの最後通牒」(『週刊新潮』12/24日号)「宮内庁長官が警告した小室母子の<独善>言行録」(『週刊文春』12/24日号)「小室圭さん(29)と母佳代さん 父の自死直前に“密着”した『もう1人のパパ』」(『女性セブン』1/7・14日号)

同・第2位「『尾身を黙らせろ』菅逆ギレ命令」(『週刊文春』12/24日号)

同・第3位「河野景子再婚、相手は怪しいエステ経営者」(『週刊文春』12/24日号)

同・第4位「特別養子縁組が生む幸せのカタチ/母となった久保田智子が見つけた幸せ」(『ニューズウイーク日本版』12/22日号)

同・第5位「伊集院静『それがどうした』」(『週刊現代』12/26,1/2日号)

同・第6位「菅官邸を怒らせたNHK有馬キャスターが降板」(『週刊文春』12/24日号)

同・第7位「旭川医大学長クラスター病院に『なくなるしかない』暴言録音」(『週刊文春』12/24日号)

同・第8位「ガソリン車禁止で1300万人が路頭に迷う-黒幕はテスラの日本人取締役」(『週刊新潮』12/24日号)

同・第9位「滝沢カレン、モデル彼氏と隠れ家イタリアン食事会―-帽子にマスクにメガネ」(『フライデー』1/1日号)

同・第10位「日本中が驚いた『隠密婚』! 戸田恵梨香に『ガチオタ夫』の妻は務まるか?」(『FLASH』12/29日号)

同・第11位「ワイドショーの使命に自己陶酔『玉川徹』の口にマスクを!」(『週刊新潮』12/24日号)

同・第12位「山形大生『女医殺し』判決文で明かされた『スマホ脳』の病理」(『週刊新潮』12/24日号)

同・第13位「年間2万人風呂場の急死はヒートショックではなかった! 生還者大半あの症状」(『週刊新潮』12/24日号)

【巻末付録】「現代」と「ポスト」のSEXYグラビアの勝者はどっちだ!

 さて、新年合併号の季節到来である。

 今週は「週刊現代」(講談社)と「週刊ポスト」(小学館)が合併号で、SEXYグラビアは充実しているのだが、特集が手抜きとはいわないが、あまり読むところがない。

 現代の巻頭特集は「残り10年、人生をどううまくまとめるか」、ポストは「親子で、夫婦で、兄弟で年末年始に決めておくこと」である。

 たしかに年末年始には兄弟親戚が集まる機会が多くなる(今年は微妙だが)。だが、せっかく久しぶりに会うというのに、遺産の話や遺言状の相談などしたいと思うのかね。

 大事なことではあるが、兄弟の諍いの原因になる親の遺産の話、親の介護は誰が見るかなどが話題では、酒がまずくなる。

 昔の週刊誌の新年合併号は、各誌がスクープを競い合い、美人女優を表紙に起用し、華やかだった。

 それが昨今は、ヌードグラビアは多いが、特集は気の滅入る話が、現代、ポストは多い。特に今回はポストに紹介するような特集が見当たらない。

 目次を見ても、「これが結論 病院に行かない方が健康になれる!」「菅VS安倍 自民大分裂 399人相関図」「親のケアを任せられる老人ホームBEST40」では、残念だが読む気にならない。

 恒例のビートたけしの「ヒンシュク大賞」も、宮崎謙介の再不倫とせんだみつおの緊急搬送では、粒が小さすぎる。

 自民党の相関図などどうでもいいから、昔のように「芸能界不倫相関図」や綾瀬はるかの「衝撃の告白」でもやってくれないか。

 いつもいっているが、SEXYグラビアに使う精力の何分の1かを、特集をつくる方へ回せば、もっと面白くなるはずだが。ポストの来年の奮起を期待したい。

 まずは「週刊新潮」から。

 寒くなると風呂に入っていても寒暖差、ヒートショックが心配になるが、新潮によれば、入浴中の死亡は「熱中症」だと報じている。

 2018年に自宅で不慮の事故のために死亡した約1万5000件のうち、4割近い5374人が「浴槽における溺死」だそうだ。慶應大学理工学部の伊香賀俊治教授らの調査によると、入浴している間に体温が上昇して熱中症になり、意識障害や脱力感が起こり、湯の中に沈んでしまうというのである。

 そうならないためには、湯温は41度にして10分以内、カラスの行水がいいそうだ。

 私は内風呂が好きではないが、65歳以上の高齢者は週7回入浴すると「3年後に要介護になるリスクは29%低い」というのである。熱くない風呂に入って約10分。それで介護いらずになればお安いものだが、私は手遅れだろうな。

 お次も新潮から。

 先週新潮は、スマホで脳がおかしくなると報じていたが、今週はその実例集。

 2019年5月19日に、山形県東根市内のマンションで、面識がなかった眼科医の矢口智恵美さん(享年50)を殺害した、山形大学人文社会学部4年だった加藤紘貴(25)に対して、12月11日に懲役18年の実刑判決がいい渡された。

 犯行に至った経緯を新潮は追っている。

 犯行前日、加藤はSNSで知り合った女性と会う約束を取りつけたが、約束した時間に女性は現れなかった。

 すると加藤は、スマホに立て続けに「河北町 風俗店」「河北町 デリヘル」と打ち込む。フラれたために行き場のない「欲望」が、風俗へと向かわせたのであろう。しかしその20分後には、「施錠されていない家」「無施錠」という検索ワードを打ち込んでいるのだ。

 また夜中には、「ピッキング作業」と打ち込み、「神町 アパート」と入れて、ターゲットを漁り始めたそうである。

 私は、ITやスマホに詳しくないから、施錠されていない家を検索して、該当する家が見つかるのか疑問だが、この男は、何でもいいから獲物を見つけたかったのだろう。

 無施錠の家を物色しているうちに、矢口さんの家を見つけて、侵入したという。だが家人と鉢合わせした加藤は、室内にあったゴルフクラブで彼女の頭を10回以上殴打して、死に至らしめた。

 後に加藤を逮捕してスマホのWeb履歴を調べると、「いびき 死ぬ前」という検索ワードが見つかったそうだ。被害者は脳挫傷していたため、死ぬ直前にいびきをかいたらしい。その状態を検索していたため、加藤が現場にいたことの強い状況証拠になったそうである。

 加藤は殺人を犯した後、「罪と罰 名言」と打ち、さらに「山形 ニュース」と検索している。

 断片的だが、この男の思考過程がここに表れているではないか。

 セックスや結婚相手もスマホで探す時代。こういう人間はスマホがなくなったら、自分で考えることはできないはずだ。そのうち、スマホに「自分は今日何をやったらいいのですか?」と聞くようになるのだろう。

12345678

菅義偉首相、ついに鉄槌を…“政権批判”のNHKアナが降板の余波のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真