日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『グッと!』後番組で吉本VSナベプロ?

『グッとラック!』クビは志らくだけ? 後番組をめぐり吉本VSナベプロの冷戦勃発か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

『グッとラック!』クビは志らくだけ? 後番組をめぐり吉本VSナベプロの冷戦勃発かの画像1
『グッとラック!』ウェブサイトより

 打ち切りではなかった?

 TBSの朝のワイドショー『グッとラック!』が来年3月末で終了となることが、スポーツ各紙などで報じられている。

 2019年9月30日にスタートした同番組は、視聴率が低迷続き。10月期の改編でロンドンブーツ1号2号の田村淳をメインコメンテーターに迎え入れるなど大幅テコ入れするも、効果は出なかった。新番組は生活情報番組に決定しているとも伝えられているが、内情は少し違うようだ。テレビ関係者が耳打ちする。

「10月からはロンブー淳のほか、3時のヒロインも火曜レギュラーに。さらに、12月14日の週から降板した小林麻耶に代わってNONSTYLE・井上裕介が出演するなど、ここへきて番組と吉本興業の“癒着”が目につきます。その状況で、わずか半年や3カ月で全員番組を去るなど吉本が承服するわけがありません。

 聞くところによると、降板するのはMCの立川志らくだけで、吉本芸人は残留するとの話も。そればかりか、淳がMCに繰り上がることも検討されているようです。また、10月にレギュラーとなった橋下徹氏が出演する月曜だけは視聴率が上がっていることから、淳と橋下氏のダブルMCもありえそう。ラジオ番組で『グッとラック!』の今後について問われた橋下氏が、『一切言わないでくれっていわれてます』と含みのある回答をしていたのも、単に番組終了というだけではない情報があるからかもしれません」

 そして、もうひとつの可能性も囁かれている。

「『グッとラック!』の志らくとTBS系『ひるおび!』MCの恵俊彰は、ともにワタナベエンターテインメントに所属しています。つまり、このラインは事実上のナベプロ枠となっていて、普通に考えれば後釜番組も同事務所の誰かになるはず。とはいえ、候補になりえるのがネプチューンの名倉潤くらい。彼はメインMCができるほどまだ体調が回復しているように見えませんから、難しいように思えますが……。クビになった志らくは、土日のどこかの番組でフォローされるようですよ」(前出・テレビ関係者)

 吉本の番組乗っ取りか、ナベプロが「枠」を守り切るのか……。爆死番組の裏側では両陣営の冷戦が勃発しているようだ。

最終更新:2020/12/26 17:00

『グッとラック!』クビは志らくだけ? 後番組をめぐり吉本VSナベプロの冷戦勃発かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

『パラサイト』に瓜田純士は辛口

第92回アカデミー賞にて、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』が4冠に輝いた。...
写真