日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『グッとラック!』3月終了報道

小林麻耶に追い風?『グッとラック!』3月終了報道で“スタッフからのイジメ”信憑性高まるか

文=日刊サイゾー

小林麻耶に追い風?『グッとラック!』3月終了報道でスタッフからのイジメ信憑性高まるかの画像1
TBS『グッとラック!』

 立川志らくがメインMCを務めるTBSの朝の情報番組『グッとラック!』が3月いっぱいで終了すると写真週刊誌『FLASH』2020年12月15日号(光文社)が報じている。

 記事によると、3月終了は極秘に決定しているとのことで、視聴率が悪かったことが大きな原因と言われている。現時点ではまだ終了が確定したというわけではなさそうだが、本当に終了したならばTBSのイメージ悪化にも繋がりかねないという。

「『グッとラック!』といえば、小林麻耶がスタッフからイジメを受けていると話して、降板したことが記憶に新しい。あの騒動の直後に番組が終わったとなると、“本当にイジメがあり、それを問題視したから終わるのではないか”との見方をされるのは避けられないでしょう。“小林麻耶ではなく、番組サイドが悪かったのでは?”という流れになる可能性もある」(テレビ局関係者)

 現在は夫である國光吟氏と2人でYouTubeチャンネルを開設し、動画を公開している小林。國光氏が小林を洗脳しているのではないかと見る向きもある。

「今の小林さんはあまり“まともではない”感じになっていますが、元々小林さんを悪く言う関係者はほとんどいなかったんですよ。仕事にはいつも真剣に取り組むし、とても勉強熱心。ボートレース番組のMCに就任した後も、一生懸命ボートレースについて学んでいました。だから、番組収録を勝手に休んだというのもにわかには信じがたいし、何か大きな原因があったに違いないと信じている関係者も多いんです。

 でも、もし本当にイジメがあったというのであれば、小林さん降板したのも仕方ないということになり、手を差し伸べてくる関係者もたくさん出てくるはずです。たしかに、旦那さんからの洗脳疑惑が気になるところですが、『グッとラック!』が終わったことで、小林さんへのオファーが増えるという展開は十分に有り得ると思います」(制作会社スタッフ)

 そんな小林だが、夫婦のYouTubeはどんどん地上波から遠ざかっていくばかりだ。

「妙なテンションもそうだし、わざわざ自分から炎上系YouTuberのシバターに絡んでいくしで、本当に危なっかしい。小林さんの復帰を支援したいと思っていても、早く目を覚ましてもらわないと、どうしようもないですね……」(前出・テレビ局関係者)

 本当に『グッとラック!』は終わるのか、そして小林麻耶はどこに向かうのか──。3月までの動きから目が離せない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/05 12:00

小林麻耶に追い風?『グッとラック!』3月終了報道で“スタッフからのイジメ”信憑性高まるかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

40バイト芸人のふとした“オチ”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真